ワークポートがITエンジニア・WEBデザイナーに人気の理由

転職サイト評判

ワークポート評判

私も転職の時にワークポートにお世話になっている一人です。

電車のドア口などでよく広告を目にすることがあります。ITに強いエージェントとして業界から知られていることは多いでしょう。

なぜそこまでデザイナーに人気があるのかということについて話をしたいと思います。

ワークポートはスタッフを選べる

転職コンシェルジェというキャリアコンサルタントが在籍するワークポートは、スタッフを選べるということが魅力的です。

エージェントって人間対人間だから波長が合わない人だと、話したいことも話せないまま終わってしまうことがあるのです。

ワークポートではコミュニケーション対策を徹底しているサービスをおこっています。

だからこそ、自分自身に見合った人と一緒に転職活動が出来るというシステムです。

デザイナー・エンジニア職が多い

ワークポートはエンジニアをはじめにWEBデザイナーやディレクターと呼ばれるIT系専門職の求人数がすごく多いことでも有名。

また、ゲーム業界を目指す人たちからも知られているサイトです。

「ワークポートを通じて経験を積むことができた」「とりあえず未経験で仕事を探してもらえた」

というコメントやtwitterで喜びの声を上げている人も見たことがあります。

それだけ親身になってキャリアコンサルティングの方たちが一生懸命後押ししてくれるということがあるからこそでしょう。

未経験で採用してもらうには、個人だと結構スキルが必要だったりしますからね。

その辺りを含めてワークポートの強みの一つともいえるのではないだろうか。

スマホ開発エンジニアも人気

ワーク退職

スマートフォンの普及以降、スマホを作成する会社というのが急増していますよね。アプリ制作を通じて一発あたれば大きい収益を生み出すことができるというメリットがあります。

パソコン一台から何億と稼ぐ会社だってザラにあるわけです。

そりゃ自然と仕事の幅も増えるし、エンジニアが必要とされていく時代になっているのです。

ワークポートではスマートフォンという項目を選択するほどの求人があります。

興味がある人は行って求人を見てくるだけでも市場が知れて良いでしょう。

東京・大阪の仕事がたくさん

大都会の東京都・大阪が二つの拠点となっているイメージ。それ以外の地方はまだまだ仕事が少ないような感じです。

今はどうなっているのか知らないですけどね。おそらく増えていることは間違いありません。

今の時代だったら、スカイプ面談とかも出来る可能性があるので、地方の方も諦めずに仕事を探してみてはいかがでしょうか。

個人的な意見ですが、ワークポートはマーケティングの職業も多いのが羨ましいです。私としては憧れの業界です。

就活ナビリンク | 運営者プロフィール

PAGETOP