仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

地方から東京で働くことデメリットは何?地元で仕事を探すべき?

仕事の悩み, 生活・プライベート

スポンサードリンク

東京地方辛い

『東京で働くとカッコいいかも』『必ずあの職業で夢を叶えてやる!』という願望がある人も若い方には多いのではないでしょうか?

しかし、憧れ程度で東京で働くという事は、現実的に厳しい部分も出てくるという事があります。実際に、どのようなことなのかご紹介していきましょう。

ライバル、倍率が多すぎること

東京は仕事が多いことは確かです。比例して、人口も多く、求人倍率が増えるという事があります。思っている以上に、就職活動をしないと仕事を決めることがしにくい現実でもあります。

『中途採用だったら、すぐに採用されるっしょ?』という甘い考え方は捨てておくべきです。地方から出てくる場合だと、会社側からすれば『この人を採用した場合、東京へ出てくるのか?』という疑問があります。

本当に東京で働きたいということであれば、面接時に「〇〇から御社で働けます」という具体的な旨を伝えることが良いでしょう。

土地・家賃が高すぎること

私は、東京、大阪、福岡に単身赴任などで住んでいたこともあります。その中でも、東京という土地だけだは、群を抜いて土地代が高いです。

都内であれば、1ルームマンションでも、7~8万ぐらいは平均相場としてあげられます。大阪、福岡であれば、5万円台で綺麗で大きな1ルームに住むことが出来るメリットがあるのに、東京だと1.5倍の家賃になってくるのです。

通勤がかなり大変ですよ

生活する上で、家賃、場所などは大切になってくるのですが、都内の良い場所を選ぼうとすると、想像している条件では家を探すことは難しいことが多くあります。

そして、通勤も遠くなり、毎朝の満員電車に揺られながらの生活をしなければならないという辛さは測り知れないものがあります。

それぐらい東京の通勤ラッシュって凄いですよ。私も朝が嫌で嫌で仕方なかったことを記憶しております。

余裕があるなら職場に近い場所を選ぶ

給料と家賃を相談したうえで、財布に余裕があるのならば、東京で自宅を探す場合、職場との距離が出来るだけ近い場所で検討することをお奨めします。

乗り換えなど含めると、都内の中心地まで、電車で結構掛かることがあると思います。少しでも近い場所で家を借りて、仕事に行けるようにすると、変なストレスも改善されることでしょう。

スポンサーリンク

給料も地方と比べて大きな差はない


東京で働くのであれば、地方と比べて給料が高くなければ、働く意味というのは感じないのではないでしょうか。

だって、東京に出てくるってことは、夢を持って出てきているわけだし。地方と月収が同じぐらいで探せるのであれば、今の時代だと地方で仕事を探した方がよっぽどメリットが大きいです。

先ほども述べたように、家賃は安いし、そこまでの満員電車もないです。それを押し通しても、東京でしか出来ない職業があるのであれば、そりゃ東京で働く意味もあることでしょう。

東北地方の友人が「地元に帰ったら、仕事がかなり減るから東京で働いているのだ」と言ってました。

確かに地方は仕事が少なくなることは事実でしょう。ただ、給料に差ほど変化がない場合は、東京で仕事する方が確実にデメリットが大きくなるという事だけは頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

地元 or 東京どっちで働くべき?

最終的に地元もしくは東京でどっちで働くべきなのか。そう質問された場合、私であれば若いうちは
東京で働いて、最終的にはUターン転職などで地方へ戻るという事を選択します。

東京に住むと解ることも多くありますが、山の手線、満員電車で乳母車連れしているお母さんを見かけると、大変だな~っという気持ちになりますよ。

あと、市立に通っている小学生、幼稚園の子供たちも満員に紛れていますからね。子供たちにそのような生活をさせることは私には少し無理があるようですし、家族で住むなら、東京を離れなければ、家賃が高すぎて住めないことも多いでしょう。

そうなると、通勤時間も遠くなって、辛い毎日を送るばかりです。それでも、東京が好きって人には良いことだらけですが、私には少々無理を感じるなっと思いました。

従って、どちらがではなく、現在の仕事と将来を見据えながら考えればよいのではないだろうか・?

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP