仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

今の会社にいるべきか考えて悩むべき10のこと

仕事の悩み

スポンサードリンク

今の会社に満足していますか?

今の職場で頑張る勇気がありますか?

このように質問されるとイエスと回答できる人は少数の人達だと思います。

なぜなら、私はこのような質問を会社の同僚や後輩に問いかけてみたことがあります。

そうすると、みんな口を揃えて『とても悩んでる』というような答え。

同僚や後輩たちも今の職場にいるべきか悩んでいるということ。

もちろん、私も含めて。

具体的にどのような部分で悩まされているのかについて、同僚たちの回答を元に話をしていきましょう。

1.先が不安になってしまう

今の職場が不安になってしまう理由は、やはり先が不安になってしまうことがあるということ。

会社が赤字続きでいつ倒産するかもわからないような状況。

会社が倒産してしまう前に転職するべきか考える人も私の友人ではいました。

私の友人は営業マンであり、会社の現状の数字がある程度把握していることもあり、かなり経営状況が厳しいと話していた。

頑張り続けるか辞めるか悩んでいるという。

2.ボーナス制度がない

前職の仕事仲間の新しい職場では、ボーナス制度がないという。

入社条件にはボーナス支給ということだったらしいが、会社状況がよくないため、ボーナスが支払われない。

通常であれば、6月12月に1ヶ月分のボーナスがあるということだったのだが、寸志さえ貰えないという状況で今の職場で働き続けるか悩み中。

転職しようか考えれば考えるほどストレスが溜まってくる日々が続いているらしい。

ボーナスが入らないということがわかっているのであれば、一層のこと転職してしまった方が早いのではないかと感じている。

3.給料が上がらない

友人Bさんは、職場の雰囲気、居心地は最高らしいのだが何年働いても給料がアップしないらしい。

一応1年単位に給料は上がるらしいのだが、数千円程度しか上がらないという。

1万円ぐらい昇給されていくのであれば、頑張ろうという意識を持てるのであろうが数千程度なので何年頑張っても大した給料にはならない。

そりゃ今の会社にいるべきか悩むのも当然であろう。

私だったら上司か人事部に直接話しに行って交渉してみる手段を取る。

それでも要望の金額に応じてくれないのであれば、辞めることも視野に入れるであろう。

私の個人的な意見で言えば、職場の雰囲気よりもお金が大切だから。

4.休日出勤が多い

元同僚Cくんの職業はITコンサルティングの会社で勤務。

残業が多いということでも有名な業界ですが、休日出勤も月に数回以上あるという。

土日休みで数回以上の勤務ってかなりの数があるよね。

本人曰く『ここ1年はゆっくりした休日が取れていない。ストレスが半端無いw』

と笑いながら話していた。

会話では面白おかしく話をしていたが、ふとした顔をみるとかなりゲッソリしていることが伺えた。

体重も5kg以上は太っていた。

原因はストレスによる暴飲暴食だと本人も自負している。

休日出勤が多くて給料はそれなりに貰えているそうだが、内心は辛いということを感じる。

スポンサーリンク

5.職場の雰囲気が暗い

元同僚Dさんは女性でデザイナー系の職場に勤めているのだが、新しい転職先はかなり職場の雰囲気が暗いと話す。

隣同士の席に座っていても、会話することもなくチャットやメールでのやり取り。

コミュニケーションができない人たちが多い職場であることで、本人としては今の会社に居続けるべきか悩んでいるという。

デザイナーのようなクリエティブな仕事はストレスを抱えることが多い。

にもかかわらず社内でのコミュニケーションもない。

よりストレスが増えていくばかりに。

元同僚Dさんは仕事ができる明るい人だったので、辞めてちがう職場を選んだ方がいいと思う。

もっと実力を発揮できる職場へ変えてほしい。

6.対人関係が合わない

私が数年前に勤めていた時に感じたことは、周囲との対人関係が合わないこと。

20代だった私は部署でも一人だけ年齢が最年少クラスだった。

あとは38歳以上の先輩方になるという。

年齢が離れすぎると何を話ししていいのかわからないし、趣味の話さえできる空気がなかった。

対人関係の難しさにストレスを感じ、職場を辞めるべきか考えた据え、自分のスキルアップができるようになるまで頑張ろうと決意した。

といっても合計1年6ヶ月で転職した。

それ以上働く勇気がなかったですし、一人で会社でいるのも限界でした。

対人関係というのは職場で働くことでも非常に重要な部分であると認識した。

7.相談相手がいない

相談相手がいない職場で働くことも辛いです。

同僚や後輩であれば何でも話しやすく相談できるということもあるが、職場によっては相談できる人が誰一人としていない。

仕事に対すること、職場状況についての愚痴を言える人がいえればいいのだが、相談相手がいないと辛い。

ひとりぼっちが好きという人であれば問題ないが、みんながそうではないということ。

こういう状況が続くと会社を続けるべきか考えさせれる原因の一つになるであろう。

8.仕事そのものが楽しくない

ここからは私と同僚・友人全てが共通して悩みを抱えること。

一番意見として多かったのは、

『今の会社の仕事が面白くないー。楽しくないからどうしょようw』

という深刻な悩み。

仕事を頑張りたくて働いているのに、仕事そのものが楽しめない会社で働いていると、将来が不安になってしまう。

将来が不安になるだけではなく、スキルアップが見込めない職場であれば転職活動にも響いてしまう。

仕事が楽しめないというだけで色々なことを考えさせられてしまうのだ。

あなたは今の会社での仕事が楽しいですか?

楽しいと回答できる人は羨ましい限りです。

9.上司がうざくて嫌だ

今の会社に居続けたくない理由で上がるのが、やっぱり上司という存在でもある。

上司も十人十色であり、性格の良い人から仕事のできる人までいる。

中には後輩いじめ・パワハラを主体に弱いものいじめする上司もいるのだ。

こういう人が直属の上司になってくると仕事以上のストレスが溜まってしまう。

仕事以外の余計なことばかり考えさせられ、この会社にいるべきか悩んでしまう。

たった一人のうざい上司のために転職するべきかという悩みは勿体ないという気持ちもありながら、悩まされてしまうのだ。

10.会議ばかりでうんざり

職種によって違うでしょうが、私たちの場合はIT関連の企業で勤務して居たこともあって、会議ばかり行う会社で務めたことがあった。

何をするにしても毎日のように会議。

会議では雑談、くだらない提案しかない。

実際に会議の内容が採用されて実現したことなんて数回程度。

こんな無駄な時間ばかり費やす職場で働くべきなのかという個人的な悩みもあった。

さすがにうんざりした私はその翌月に退職届を申し出た。

無駄な会議ばかりを推奨する会社で働いても何のメリットもないと感じてしまったのだ。

人気記事:私が接客業に向いていないと感じたとき!辞めて正解だった?

人気記事:楽しい仕事ランキングまとめ!若い世代〜中年まで必見!

今の職場にいるべきか考えよう

いかがでしたでしょうか?

私を含む同僚や友人たちもそれぞれの職場で悩みを持っているということ。

そして、会社によってそれぞれ悩みが違うということ。

100%自分に見合った会社というのは存在しないことは誰だって承知の上。

しかし、ストレスが溜まりすぎるのに働き続けるのかというと難しい。

転職したところで何も変わらなければ成功した転職とは言えませんし、仕事場で働くというのは本当に一生の悩みかもしれないですね。

あまりにも過酷で辛い職場であれば、今の状況と今後の人生を考えて色々と考えてみてください。

今の職場で働き続けるか転職するかの答えが少しは出てくると思われることです。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP