仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

辞めたいのに辞めれない仕事はどんな職業や上司なの?

仕事の悩み

スポンサードリンク

辞めたいけど辞めれない

入社して1ヶ月が経たない内に、会社の不満を抱えながら頑張らなければいけない。辞めたら履歴書に傷がいくという理由で続けるしかないと言い聞かす。

この考え方は正しいのであろうか。そんなに無理して辞めれないという選択肢を取らなければいけない状況なのか。一体どのような人がその問題を抱えているのか?

上司に辞めるのを止められる

『まだ、入社してまもないのだからもう少し続けてみろ、きっと良くなっていくから』などの指摘を受けている理由で辞めたくても辞めれないという人が多くいます。会社のことをわからずに、辞めるなという気持ちはわかります。

ただし、この場合大きな問題があるということです。

今、働いているあなたの会社で退職されると、そのポスト(役割)を行う人材がいなくなってしまうという原因が発生します。

具体的には、あなたが辞める事によって上司が引き継がなければいけないということです。要はこれ以上仕事を増やさないでくれということになります。特にベンチャーや零細企業であれば、そのような問題を抱え込むことが多くなります。

元々、一人の裁量幅広いということもあり、任せられている案件も複数あるので引き継ぎされるのが困るということでしょう。

ワンマン社長が辞めさせない

中小企業ではありがちな、所謂ワンマン社長様。ある程度、チームや先方と密に打ち合わせをしており、スケジュール通りに仕事を遂行させていたのにも関わらず、いきなり社長が横入りでプロジェクトが振り出し状態に。と、まぁよくある話です。

このような社長は、会社で部長クラスなどの人間に対しては、なかなか退職を認めないでしょう。なぜならば、振り回せる人材がいなくなってしまうという事があります。いきなりそんな社長想いの人が辞められると、会社自体の経営も危うくなっていくことになります。

だから、ちょっとやそっとのことじゃ辞めたくても辞めさせないということがあるみたいです。

とはいえ、会社は辞めれる義務がありますので問題有りません。

スポンサーリンク

職業より会社の人数や規模による

仕事内容によっては、元々少数精鋭で企業をやっている会社もあります。それでも10年ぐらいしている会社であれば、ある程度の組織体制が出来ているので、辞めたいと申し出れば退職する事は可能になります。

まだまだ、立ち上げ2年3年の会社などは、人をボロ雑巾のように扱う企業もあります。このような会社だったら即日退職も可能です。しかし、逆に飼い犬レベルまで追い込まれる会社もあるということは知っておきたいところです。

『辞められたら誰もいなくなっちゃう』『頼むからもう少しいてくれ』というようなスタンス。しかも連日連夜の徹夜作業で残業代なし。それでも、頼まれているいる以上辞める事ができないという人も世の中には存在します。

辞めたい時はハッキリしよう

結論から言うと、辞めたくても辞められない仕事なんてことはないということです。

あなた自身が、心も体もボロボロになっているのに辞めれないなんてことはありません。退職届けを出せばいいのです。受け取らないというような返答があれば、労働基準監督署に行くなど、何らかの手段を取ってやればいいのです。

『会社はダメだけど、この先輩優しいからもう少し頑張ろう』という情が湧くこともありますよね。そのような気持ちも大切ですが、一番大切なことは自分が将来どのようなビジョンを描いているかということです。

2年後でもいいので、自分を見返すことも考えれば答えは簡単に出るのだろう。

さぁ、あなたは転職活動を今すぐすべきか?

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP