仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

退職理由はウソをつくと損する?本音を言うのは間違い!?

仕事の悩み, 退職コラム

スポンサードリンク

abc15

退職することを決意すれば、後は部署の上司に申し出るだけだ。しかし、辞めるには理由というのが必ずしも必要になってきます。

あなたは今までにどのような退職理由を告げて会社を辞めてきたのだろうか。また、ウソをついて辞めるって損得でいうとどっち?

ウソをつくことなく本音で

基本的には、退職する時にウソをつく必要はありません。いままで仲良く頑張らせていただいた会社だから辞めづらいというばかりに、ウソをついてしまうなんてことはありません。

お世話になった会社だからこそ、円満に退職したいというのがあります。一例で申し上げますと、『いい条件で迎えてくれる会社があるので退職させていただきます』っとハッキリ言ってよいのです。

このような事を言うと会社からは嫌がられるという場合もあります。反対に『うちはもう少し給料を検討するから考え直してくれないか?』ということだってあり得るのです。それなりに会社に貢献している社員に限った話にはなると思いますが、言ってみるまで結論がわからないこともあります。

スポンサーリンク

状況によってはウソをつくこも良い

あまりにも待遇が悪く残業代が出ないというような会社などには、同僚には迷惑を掛けたと思っても大きな未練を感じる事はあまりないでしょう。

人や会社の状況によっては、辞めたくても辞めれない場合などもあると思います。

そんな時はウソも方便であるように理由を付けてみるのもよいでしょう。

3年働いているのに何も変わらない、1ヶ月でヤバいっと感じた。など、人それぞれによって状況は違うと思います。私が勤めていた1社を例にあげれば、築けば退職していたということも多々ありました。

上司だけには伝えて翌月初めになると退職されていたということや、もしくは明日から会社に来ないというのような人もいました。会社を逃げたいという気持ちはわかりますが、正社員の場合問題になることもありますので、逃げるのは辞めましょう。

逃げるぐらい詰められているなら、逆手とってウソついてやるというような気持ちも大切です。

損する事は考えないで行動する

損得で行動することよりも、今あなたがおかれている立場や状況によって退職を告げる手段や方法というのは変わってくるのです。ウソをついてしまったことによって、後戻りができないようになってしまうのは勿体ないです。

今働いている会社で迷惑を掛けたくないのであれば、多少のウソというもの良いかもしれません。ウソという言葉を鵜呑みするのではなく、あなたにとって有利な手段を考えれば良いという事です。

その方が返って円満退職を行う事ができることだってあります。退職理由の本音からプラスアルファーとして言葉を付け加えてみるだけでも変化があるものだと思います。場合によっては、オーバーに言い過ぎるぐらいの方がいい時もあるでしょう。

退職理由のウソまとめ

まとめてしまうと、ウソをつきたければ付いても良いです。よっぽどでもない限りに会社から調べられることもありません。ただし、個人的な理由であったり、身内や家族の理由にするのがよくあるケースです。

そこを少し過剰化して退職理由にする事も多くあります。

『別に辞めてしまうんだしいいや〜』という気持ちがあれば、どんな行動でも移せるのが本音な部分でもありますね。絶対的な答えなんてありませんが、自分を不利にしない方がよいという考え方をすると、退職理由に悩むことは軽減されいます。

退職理由で時間を使い過ぎるのもよくないので、次へのステップを決めているのであれば転職することにシフトしていきましょう。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP