仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

仕事を選べない年齢が来るのは何歳?20代30代40代のいつ!?

仕事コラム

スポンサードリンク

就活・転職活動を頑張って条件のイイ会社で自分の目指したい職業に就きたい!

そのように思っているのに、残念ながら日本では仕事に関して年齢制限みたいなものがあります。

求人サイトなどには『年齢:35歳未満』と記載されていることがあります。

あくまでも推定年齢であります。

企業によっては絶対的に35歳未満でなければならないということではありません。

では具体的に仕事を選べなくなる年齢というのは何歳から始まるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

40歳代になると厳しくなる


前職で私を慕ってくれていた上司を例にすれば、彼は40代になってくると転職活動に変化を感じた言っている。

あくまでも同業を転職とした例にはなります。

 

元上司は,

『30代までは書類選考も簡単に通過していた。40歳の年齢になると書類選考で落ちることが増えた』

 

同業での転職活動でありながら、40代になると一気にハードルが上がるということを述べていたのです。

おそらく企業としても40代という年齢になると、働いている社員の方が若いこともあり採用したところで使いづらいという欠点が出てくることです。

元上司はWEB業界で勤務されています。

WEB業界は比較的新しい職種であるため、20代~30代規模の会社もザラにあること。

そんな中で40代が入社してくると若い世代にとってはやりづらかったりすることもあるのです。

いくらスキルがある人材でも、年齢という壁は大きなハードルがあることが言えます。

30代前半でも異業種転職は難しい


私の友人の経験上では、結婚を機に30歳から異業種転職の活動を始めましたが相当な時間が掛かっていました。

 

30代からIT系の仕事から不動産系に転職するということで企業側も採用には難しく感じたようです。

 

面接官『せっかくIT企業でキャリアがあるのにどうして』

友人『新しいことにチャレンジしたい!家族を支えたい』

 

みたいな理由を面接時に言っていたみたいですが、それでは採用に結びつくことがなかったよう。

企業側からすれば、30代で未経験では教えなければいけなくて大変ということです。

30代で同業系に転職する場合であれば時間を掛けなくても転職することは可能でしょうが、やはり異業種転職は難易度が上がるということになるのです。

20代でも仕事を選べない職種はある


20代ってまだまだ若い年齢なのですが、職種によっては仕事を選べないこともあるのです。

一例をあげてみましょう。

芸能・アイドル職
テレビアシスタントディレクター
ミュージシャン

顔を売ってメディア主体で働くような職業だと、20代前半でなければいけないということもあるのです。

25歳でアイドルを目指すことは遅いと言われているような会社もあると聞いたことがあります。

ミュージシャンも30歳までに売れなければ厳しいというようなことになるのでしょう。

一般職なら選びたい放題

芸能に関する職業は難しいですが、一般的な職業で言えば年齢問わず選びたい放題の世代であること。

20代ならスクールなどに通いながら資格を取って新しいことにチャレンジすることも可能ですし、広い視野を持てば様々な職業を見つけることが出来るでしょう。

今の時代であれば、インターネットがあるのでいくらなりたい職業を探せるはず。

年齢を増すごとに仕事は選べなくなる

どの業界にも共通していえることは、年齢を増していくと転職は厳しくなります。

同じ経験であれば若い人を採用した方が給料も安く雇える+たくさん働いてくれる+3年後の成長も見れる。っと会社側は判断すること。

 

いずれにしても、求人サイトの相場では30代~40代ぐらいまでを転職対象としていることが多くあります。

 

年が行き過ぎると仕事を選べなくなってしまうことがあるので、目指したい職業があるということであれば、一日でも早く各業界へ飛び込んでおくべきですね。

人気記事:辛い仕事激務ランキングを予測してみた結果ベスト10!

人気記事:つまらない仕事なら辞めるor続ける?あなたはどっち?

まとめ

友人・先輩に聞いた話をまとめると、出来るだけ早い年齢で自分とマッチした仕事を探すことが大切。

40代から異業種転職しても20代・30代の人間から偉そうに使われてしまう。

それに耐えれなくなって辞める人も後を絶たない現場もあるという。

40代からでも転職は成功できる

逆に言えば、年齢が増してから転職した方がいい職種もある。

油の乗ったビジネスキャリアがある40代ぐらいで転職することで成功を収めるという職業もあることだから一概なことは言えない。

ただ異業種ではなく同業種で転職した場合に成功するというパターン。

いずれにしても前職までにどのような仕事をしてきたのか?ということが採用側にとって必要なこと。

前職までにマネージメントで部下10人以上をまとめていたということであれば、異業種のマネジメント職に採用されるチャンスはザラにある。

年齢を増す前にやれるだけのことは今やっておこう。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP