仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

年収(給料手取り)が少ない職業予測ランキング!【残業多・ハードワーク】

ライフハック系

スポンサードリンク

給料が少ない職業

私は現在30代後半の男性になります。

 

これまでに沢山の転職経験をしてまいりました。

 

転職経験が多いだけではなく、様々な職種にも携わり、色々な職業を体験してきたのです。

 

ただ、私が経験した職業の大半は長続きしないというオチに。

 

長続きしない原因は、私の意志の弱さ、仕事に対する姿勢も当然あると思います。

 

しかし、それだけではありません。

 

 

大きな原因はお金にあるのです。

 

頑張っただけお金を貰えていれば、おそらく転職を繰り返すという事は少なかったでしょう。

どれだけ頑張っても手取りの給料が少なければやる気が起こりません。

 

給料を平等化する社会に変えてほしいと願うのですが、そういうことは時代はまだまだ到来されないでしょう。

 

そこで今回は、私が体験してきた中で、給料(年収や手取り)が少ない職業をランキング形式で自分なり書いてみようと思いました。

 

ハードワークなのに給料が安いというところも視点に絞っています。その点合わせて読んでいただけたら幸いです。

 

※ランキングは参考までに見てください

スポンサーリンク

1位:介護士

私の友人も長いこと介護士をやっていますが、会うたびに『労働時間と給料が見合っていない!』と愚痴を飛ばしています。

 

残業そのものは多くないみたいですが、相当なハードワークであることが理解できるであろう。

 

服の着せ替え、食事の運び、トータル的なケアなど。

話を聞いてるだけで、想像以上に大変だという職業が伺えます。

 

もっと給料をアップさせてあげて欲しい職業だが。

 

新人時代なんて手取り16万ぐらいなんてザラにあるそうだし。

人を助ける仕事なんだから、もっと業界全体で給料水準を見直してあげてほしいと思います。

 

2位:ADアシスタントディレクター

『テレビの仕事がしたい!』

私は過去に一度、アシスタントディレクターと言う職業を経験したことがあります。

 

一言で申し上げますと、テレビが好きなだけでは絶対に出来ない仕事。

『自分でテレビ番組を必ず持つ!』ぐらい強い信念がないと続けることが出来ないアシスタントディレクター。

 

仕事内容としては、ディレクター、テレビ関連に関係する全般の補佐。

基本は雑用ばかりです。24時間起きることは当たり前、番組によっては1ヶ月帰れないことも当たり前。

普通では考えらない社会だが、不思議とみんな楽しんでいる。

 

1ヶ月汗水たらして頑張っても、手取りは18~20万前後とふざけた金額。笑っちゃう。

 

労力と考えると明らかに効率の悪い年収の少ない仕事でしょう。

 

3位:IT・デザイナー関連

マスコミ関連の仕事って人気が以上に高い職業です。

 

入社するまでの倍率はそれなりに高いし、大手代理店のような企業になると入社するのも困難です。

 

マスコミ関連が人気の理由は、

  • かっこいい広告を作れる
  • 友達にアピールしやすい仕事
  • 業界人っぽくなれる

 

そんな感じの憧れが強い人間が集まるような、くせのある人が多い職種です。

 

こちらもテレビのアシスタントディレクター同様に、デザイン系制作会社で勤務すると、終電まで帰れなくなることはザラにあります。

繁忙期のような忙しい時期では、休日出勤も当たり前になる会社もあります。

 

それなのに、残業手当、休日出勤手当は一切なしの0円状態です。

 

手取りでいただける金額は新人だと20~23万ぐらいと言う金額の提示をされることが多いと思います。

 

仕事内容でストレスが多くなり、うつ病などにもなりやすい職業。

 

それなのに給料は安い。だけども仕事をやってみたいと思う若者が多い業界。

 

離職率も高い業界なので、あまり業界に進むことはおすすめしませんが、専門的なソフトを使って仕事を身に付けることが出来るのは、これからの時代には良いかもしれません。

 

4位:飲食・料理人

飲食業界もかなりのハードワークで知られていると思います。

 

居酒屋の雇われ店長も昼の12時~深夜3時まで週6回勤務するという友人もいました。

 

『それって労働基準を超えてるんじゃないのか?』という心配になりましたが、本人は自分の地位のために一生懸命頑張っていました。

 

給料は手取りで30万近く貰えていたそうなので、年収はそれなりに満足していたそう。

 

ただ、労働時間が長すぎますね。

 

5位:保育士

保育士は、給料が安くて日本中で問題視されている職業の一つ。

 

保育士の人数は限られているのに、幼児の人数はそれ以上に多く、面倒をみるのにも限界がある。

それなのに、親から色々指摘されたり、色んなことを頼まれたりとストレスのたまる仕事。

 

にも関わらず、給料はせいぜい20万程度が良いところ。それ以下の人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

これも国を含めて、もっと給料水準を見直すべき職業の一つと言えるであろう。

 

まとめ

私が思うハードワークなのに、年収が少ない職業のベスト5になります。

 

他にも、残業が多くハードワークと言う職業は山ほどあると思います。

 

職業によってこれだけ給料が変わってくる日本の制度っておかしいと思いませんか?

 

同じ時間働いているは一緒なのに。

だったら、どの職業も給料を一定にするべきだと思います。

手取り30万あったらみんな楽しく裕福に暮らしていける社会が生まれるはず。

 

そうすれば豊かな国作りになると思うのですが、絶対になり得ない話ですね。

 

いつからこんなに競争社会になってしまったのか。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

スポンサードリンク

こんな記事も読まれてます

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP