転職を失敗させた体験談から学ぶために知っておきたいエピソード!

仕事コラム, 仕事の悩み, 就職活動

転職失敗辛いエピソード

3年勤めていた会社を辞めて、キャリアアップを図るために転職を決意。しかし、入社したすぐに体に変なデキモノができたり、大きなストレスを抱え込んでしまうという悩みが発生。

そんな転職失敗談から自分は痛い目にあわないように学びみましょう。

給料がアップしなかった

転職するには、個人的な理由やもしくは目的があると思います。

ボーナスの増減が激しいベンチャーに6年勤め、結婚を機に安定した大企業に転職。ところが入社早々、会社が吸収合併。前職より不安な毎日を送っています……。
出典:転職は@type

募集要項にあったモデル給与が、今の給与とほぼ同じだったので転職を決めたのに、いざ入ってみると、経験が足りないからと、かなり値切られた
出典:イーキャリア

安定」「年収アップ」を求めて公共団体に就職するも、全組織でシステム担当者は僕1人。相談できる上司や先輩は誰もいない。日々の運用に加え、新しいシステムの企画の必要な技術の勉強を1人で全て抱え込むことになり、連日深夜まで残業。土日も休めない状態に陥ってしまった。
出典:リクルートエージェント

自分の想像していた以上に給料が上がらなかったというケースが多くあるみたいです。また、残業も増えてしまったというケースや、全く残業代が出ないという失敗談もブログなどで見かけることがあります。

転職で一番失敗に感じるのはお金ということが何となく伝わってきます。

会社の雰囲気に合わなかった

転職するには、個人的な理由やもしくは目的があると思います。

年功序列の企業にいたため、実力主義の会社に行きたくてベンチャー企業に転職たが、やっぱり自分には合っていない気がする…
出典:DODAの転職成功ガイド

ある程度の保証がされていた会社からベンチャー企業へ転職すると大半の方が仕事量に驚くことがあるそうです。定められた仕事だけでは零細企業では到底手が回りません。

社内の雰囲気が違う

大学卒業後、金融機関に入ったのですが、3年経った頃、縦割りの組織風土が自分には合わなず、自由な風土を求めて企業に応募。社風が気に入って入社したものの、黙々とPCに向かい、長時間集中し続けるのが苦痛で苦痛で…。
出典:転職成功ガイド|転職のリクルートエージェント

同じ業界でも、会社によって全くシステムがちがうということもありますね。この方は、自分のために転職を成功をさせようとしたのに残念です。

想像を遥かに超える辛さ

他にも自分が思ってもいなかったような辛いことが待ち受けている人が大勢いるたいですね。

理不尽な残業

サービス残業の多さにうんざりして、労務がきちんとしている企業に転職したんですが、実情はみんな家に持ち帰って仕事をしていたんです。これでは意味がありません。
出典:転職は@type

残業はしないけど、自宅で仕事をしているということは結局残業しているのとほとんど変わりませんよね。この方がたちの悪いサービス残業と言えます。

上下関係の難しさ

年下の上司だったが、ビジネスの面よりも常識的な部分が欠けていて、ことあるごとにイライラさせられる。また、職歴は自分の方が長いので、私に対して萎縮している感じもする。威張られた方がまだ良い。
出典:リクナビNEXT[転職サイト]

上司が年下だけにあまり言葉ではいけないけど、態度や行動でわかるというのも辛いですね。確かに言いづらいのはわかりますけど、仕事だからハッキリ言われる方が気持ち的にはラクだったりします。

仕事が想像を超える

残業が多く、パソコンの画面に向かってばかりの作業に嫌気が差し、もっと人と接する仕事をしたいと思い、営業職に転職。しかし、入社してみるとイメージしていた仕事とはまったく異なり、毎日飛び込みで営業をかけ、契約を取らずには会社には戻れない雰囲気で体調を壊してしまった。
出典:@IT自分戦略研究所

オフィスワークの人間は、営業のように出先に出る仕事を憧れる人もいるでしょう。しかし、現実は売り上げを求められたり、帰れない日なんてザラにある世界だと言われています。特にこの方の場合は、リサーチ不足だったことが原因で失敗したと言えるでしょう。

転職に失敗しないようするためには?

何のために転職する?

この意味を考えることが大切です。「スキルアップを図りたい」「給料を今以上に貰いたい」という明確な答えがあるならば、今自分が働いている会社以上に良い条件でなければいけないということです。

会社が嫌だから辞める?

この答えは間違ってはいませんけど、これだけで転職すると同じ過ちを繰り返すかもしれませんので注意が必要です。会社を辞めるという考えを持つよりも、「今この会社で学べることはないか」っと再度考えてみましょう。

5年後の自分を想像する

人間想像通りにはいかないことの方が多くあるかもしれません。しかし、自分に期限を決めることによって、それまでに何をしなければいけないのかということを考える能力が身に就くはずです。

例えば「2年後には○○まで出来るようになっていたい。そして5年後には役職に就いて給料をアップさせてやる」というようなイメージです。

イメージ出来る人は成功していくパターンがあります。

失敗しないようにするには常に頭の中で考えて行動することが必要であり、トライアンドエラーを繰り返すことで人間は成長していくのでしょう。

就活ナビリンク | 運営者プロフィール

PAGETOP