仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

仕事の辞めどきサインは体に出る5つの内容と対処法

ライフハック系, 仕事の悩み

スポンサードリンク

『そろそろ会社を辞めるべきなのか?』っと考えたことはありませんか?

仕事を辞めたいというサインは生活習慣に異変を感じることがよくあります。

仕事の辞めどきサインが体が出ることがあった場合は、今の職場から離れることも検討され、転職活動するもの一つの手でしょう。

それでは、どんな時に辞めどきサインが出るのか見ていきたいと思います。

3ヶ月で会社を辞めてしまう人は継続するチカラがないのか?

ブラック企業を見抜く9つの方法!全てに目を通してチェック!

スポンサーリンク

1.人間関係によるストレス


仕事の辞めどきサインの一つして考えられる原因としては、人間関係によるストレスいという点が挙げられることでしょう。

社長、役員、同僚、部下、様々な人間と交流を図って仕事を進めなければなりません。

人間関係による疲れは、仕事以上にストレスを抱える人もいるのです。

職場の環境に合ってる?

人間関係によるストレスとは、職場の環境に見合っていない可能性も考えられることでしょう。

例えば、社内に冷蔵庫さえない、コーヒーメーカーも有料制度。こういう些細なことがストレスを抱える原因の一つにもなるわけです。

それプラス人間関係がうまくいってない場合は、より多くの体に負担をかけるため、辞めたい気持ちにさせてることが増加することでしょう。

人間関係に解消法がない場合、そのような職場にいることは将来的に自分を苦しめることになることになるため、転職を視野に取り入れるべきことも大切です。

2.仕事にやりがいを感じない

一方、仕事にやりがいを感じないという人もいます。

理由としては、任される裁量が決まっているため、やりたいところまでの仕事ができないということです。

裁量範囲があるということは、良いこともでありながら、やりがいを求める人からすれば、物足りないものになってしまうということです。

会社を変えればチャンスは有り?

仕事にやりがいを感じていない場合であれば、会社を変えればチャンスは有るということが言えます。

同じ職種でも、A社では、裁量幅が広く、仕事を任せられる範囲も広くやりがいを感じる。

逆に、B社では、仕事も幅が狭く、任せられることも大した内容ではない。

より働きたいという人にとっては、前者のA社に行くべきではないでしょうか。

やりがいを感じることで生きがいや私生活にも反映されるということがあります。

3.無気力状態の日々が続く


仕事中、プライベートでも、ずっと無気力な状態が続いている場合は、重度の黄色信号状態です。

家にいても、何もやる気が起こらない、楽しく遊んでいても無の状態で一人いる。という状態が続いていれば、おそらく仕事から体に反映されている一つでしょう。

仕事が楽しい楽しくないという理由よりも、とりあえず働いているという状態です。

でも、辞めるのは怖いという色んな考えを経て、無気力になってしまっている可能性もあります。

会社を辞めたら変わる?

無気力状態の場合は、会社そのものを辞めれば変えられるかというと難しいものがあります。

例えば、夏の暑い季節で少々やる気が無くなっている可能性だって考えられます。

プライベートが楽しすぎて、仕事になると現実的状態になり、無気力になってしまうこともあるでしょう。

解消法としては、バランス良く現実を見て仕事していくことも大切です。

4.ミスすることが多くなる


仕事の辞めどきサインの大きな特徴は、ミスすることが増えるという現象です。

仕事にミスが増え続ける=辞めどきなのかもしれません。

ミスの内容による?

一度のミスを2、3、4度と繰り返す場合は、仕事に対してやる気がないということが考えられます。

仕事に対してやる気がない場合、覚える必要性もないという考え方になっていることもあります。

もしくは、給料が安いとうことで適当に働かれてしまっていることも考えれます。

このような場合は、2ヶ月以内に職場を離れてしまった方が身のためかもしれません。

努力しないという気持ちが前面に出ているため、仕事を頑張るという気力は既になくなってしまっております。

5.仕事の辞めどきサインまとめ

『仕事の辞めどきはいつがいいですか?』という質問を受けたことがあります。

それは、個人差によるものなので安易にお答えすることはできませんが、必ず私生活の中で、自分の体に異変が出ることがあるでしょう。

ストレスを抱えていないときは楽しく仕事が出来ている証拠です。

反対に、楽しめていないやる気がないということは一つのサインなのです。

風邪を良く引くようになってしまった、体調不良で会社を休むことが増えているという傾向があれば、今の会社を無理に続けることは辞めた方がよいでしょう。

なぜならば、体のどこかで『いずれ辞める』という考えを持っているからです。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP