仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

バイト面接の服装はこれで決まり!職種に合わせて準備しよう!

ライフハック系, 生活・プライベート

スポンサードリンク

「アルバイトの面接は決まったけど服装は何でいけばいいの?」と悩まされたことはありませんか?

就職の場合だったら、なんとなくスーツで行けば間違いないだろうという感覚になれるのですが、アルバイトの場合は、何を着ていけばよいのかわからず、迷う人も結構いるのです。

アルバイト面接の服装に迷った方のために、出来るだけの解消法を語りたいと思います。

スポンサーリンク

飲食店の場合は私服でOK


アルバイトで飲食店の場合、私服スタイルで面接へ行っても問題ないでしょう。

理由としては、大半の飲食店が制服制度を設けているため、私服で働くということはありません。

どちらかというと、髪型、爪などの清潔感を重視されること、。そして、何よりも人間性のコミュニケーション能力などが採用に繋がることが多いことあります。

特にホールなどの接客業の場合は明るさというものが大切です。話は少々づれましたが、私服で面接へ行って問題ないことでしょう。

アパレルの場合も私服でOK


アパレル業界でアルバイトをされる場合は、私服のセンスが問われることもあります。あなたの好きなブランドメーカーなど。

「なぜ弊社でアルバイトしたいのか?」という質問に答えられるようにしておくべきでしょう。

アパレルブランドで働くのであれば、働き先のブランドの洋服、アクセサリーのいずれか一つでも身につけて面接へ行くと好印象になりやすい光景です。そして、会話も弾みやすくなり、面接も上手くいく確率が増えることでしょう。

こちらもサービス業なので、当然明るさとコミュニケーションが必要です。

オフィスワークはスーツが無難


オフィスワーク系のアルバイト職種の場合はスーツが無難でしょう。

「クリエイター職でもスーツがいいですか?」なんてことも聞かれますが、おそらく答えは「YES」です。

会社によっては、「スーツで来なくてもよかったのに」っと言ってくれることもありますが、スーツで言っておくといずれにしても「やる気」アピールに繋がることがあります。

女性の場合は、私服でも色のトーンなど、出来るだけ目立たないような格好で面接へ行かれた方がよいでしょう。

アルバイトだからって、派手な色味などでいくと不採用になる確率は増えますので注意が必要です。

アルバイトから正社員を目指す場合

アルバイトから正社員を目指すという雇用もあります。

将来的に正社員という雇用形態を希望している場合、男性は、スーツやビジネスカジュアル。女性は、落ち着いた私服、スーツなどで面接へ行かれた方が無難でしょう。

職種によって異なる

アパレル、ファッション系であれば、私服でオシャレな格好が要求されるかもしれません。その場合は、私服で行けば良いです。

飲食店でも、将来的にマネージャー志望、社内勤務などを希望されている場合、アルバイトとはいえ、スーツ着用などをして、正社員面接と変わらないことが大事です。

意識を見られています

「この人を将来正社員として任せていいのか?」という細かい部分を見られることがありますので、信用できるようなスタイルでトライすると成功に繋がっていくでしょう。

アルバイト面接時の服装まとめ

アルバイトの場合というよりも、目指す職業によって服装を変えるべきだということです。

そして、将来的に正社員を目指しているのであれば、それなりに服装だけではなく、トータル的に意識が必要です。

年齢にもよります

18歳〜25歳ぐらいまでであれば、面接官もある程度の考慮はしてくれることでしょう。

しかし、30歳未満になってくると、アルバイトとはいえ、徐々に厳しい目で見られる職種もあるのは確かです。しっかりとした、志望動機がないと採用さえしてくれない企業もあるので、気を抜かずにアルバイト面接へ行ってください。

オフィスワーカーの方は、スーツを一着は必ず用意しておきましょうね。

スポンサードリンク

毎月8000人が登録する転職サイト
MIIDAS

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP