仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

通勤時間は長い短いのメリット・デメリット!1時間or30分が平均的?

ライフハック系, 生活・プライベート

スポンサードリンク

家から会社まであなたの平均時間は何分ぐらいですか?

通勤というものに対して、玄関出てから会社に付くまで約1時間未満、もしくはそれ以上の時間を費やしている方も少なくないでしょう。

通勤時間が短い長いについてのメリットデメリットを持ち合わせております。

それでは早速みていきましょう。

3ヶ月で会社を辞めてしまう人は継続するチカラがないのか?

ブラック企業を見抜く9つの方法!全てに目を通してチェック!

スポンサーリンク

通勤時間が短い場合


通勤時間が短い場合はどのようなメリットデメリットがあるのか確認しましょう。

メリット

ゆっくり起床
通勤時間が短ければ、朝ゆっくりすることが可能です。9時出社としても自宅から15分圏内であれば、30分前に起きても大丈夫ということです。

多少の夜更かしをしても、ギリギリまで寝れて仕事に向かえるのはやはり通勤が短いメリットの一つしても良いことでしょう。

満員電車が短い
通勤ラッシュの満員電車に乗ることがあれば、2~3駅ぐらいで着くことが出来れば、満員電車であっても苦にならずに、会社へ行くことが出来ます。

東京の通勤ラッシュであれば、本当に辛いものがありますから短いに越したことはないでしょう。

早く帰れる
会社から自宅が近いため、早く帰ることができます。早く帰るということは、プライベートの時間も長くなり、リラックスする時間を作ることができるため、ストレスも少なるということになります。

デメリット

会社との距離感が近い
会社から自宅が近すぎると、メリハリが付けにくいということがあります。ダラダラ働いてしまう癖が付いたり、距離感が近すぎて嫌になるという人もいるそうです。

少なくても自転車で10分以上は離れた場所の方が良いと言えるかもしれません。

職場の人と出くわす
仕事が終わってプライベートの時間でも、会社が近いと職場関係の人と、ディナータイムで出くわすことも結構あります。

仕事が終わってまで職場の人と会いたくもないのに会ってしまうということがデメリットかもしれません。

そういう意味でも近すぎるとデメリットが多くあるため、少しは距離を保つ方が良いと言えます。

家と会社の往復のみ
距離が近すぎると、どうしても家と会社の往復になりがちです。帰りに誰かに会う、ショッピングするという時間がなくなり、人と会う機会が減ることが少々デメリットではないでしょうか。

通勤時間が長い場合


通勤時間が長い場合はどのようなメリットデメリットがあるのか確認しましょう。

メリット

電車で勉強が出来る
電車での通勤時間が1時間以上ある場合は、電車内で読書したり、勉強したりすることが可能です。

または会社の資料を読んでおくことができるため、有効な時間として利用することが多くあります。

身に付けることができる時間が多いのが特徴的ともいえます。

寝ることが出来る
電車通勤で座れた場合は、ゆっくりと寝るという時間が出来ます。電車で30分寝るだけでも体力は相当回復することができるため、会社に着くころには元気モリモリで働くことが出来るでしょう。

あくまでも座れた場合になりますけどね。

デメリット

早起きしないといけない
通勤時間が長いと、早起きしなければいけない必要があります。1時間以上掛かる場合だと、遅くても1時間30分前には起きなければ会社に間に合わないことでしょう。

電車の乗り換え時間等を考えると早めに自宅を出ないといけない辛さはあるということです。

プライベート時間が削られる
通勤時間が長いことにより、家でゆっくりする時間が削られてしまうことになります。

しかも、残業が多い方であれば帰って寝る、朝起きて通勤という繰り返しになってしまうのです。

会社へ行くのが嫌になる
1時間以上通勤に掛かると徐々に遠いと感じてきます。

築いたころには『会社に行きたくない』ということになることが原因で辞める人もいるぐらいです。
毎朝毎夜、満員電車が長く続くとうつ病みたいな状況になる人もいるぐらいです。

遠すぎて、人が多すぎるとかなり辛い思いをしなければなりません。

通勤時間のベスト何分ぐらい?


通勤時間のベストは平均して30~50分ぐらいが良いことでしょう。

それ以上になると、徐々に体がしんどくなったり、精神的に辛くなっていくことの方が増える傾向です。

自宅を出て乗り換えして、会社までのトータル時間で40分ぐらいがベストでしょう。

長くても1時間ですね。

1時間30分を超えると、うつ状態になったりすることも増えるので気を付ける必要があります。

会社のために引越しするべき?

仕事という時間は、人生において最も長い時間を使うことになるでしょう。

仕事を変えるたびに引越しすることは難しいでしょうけど、ある程度長く働くという目処が付けば、会社のために引越し先を考えるのも一つの手段です。

『会社は楽しいけど、通勤が辛い!』というストレスが軽減されるだけで、より仕事がはかどるものです。

ある程度腰を据えて、長期で勤務される場合は引越しすることも視野に入れてみてはよいと思います。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP