仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

18歳の成人式はいつになる?成人日が変わるという案も?

仕事の働き方

スポンサードリンク

社会人成人

いよいよ、2022年から18歳も成人になるという法案が決まったようですね。

日本での成人は20歳というのが、何十年も前から続いてきましたが、突如と18歳も成人の仲間入りすることになったのです。

 

昨今の18歳はそれだけ頭が賢かったりすることが、成人に認められた原因になるのであろうか。

 

確かに、今の時代中学生でも会社を立ち上げたり、独立するような若者が存在しています。

NHKの番組などを見ていると、そのような若者が沢山いることに驚きを隠せないですね。

 

10年前では考えれないようなことが、今の日本社会では起こりつつあることが現状としてあるのです。

 

下手すれば、小学生ぐらいでもパソコンなどを使ってお金を稼ぐ手段を見つける人も中には出てくるのではないでしょうか。

 

人気記事:仕事のストレスランキングは『失敗と責任感』が上位に発表!

人気記事:楽しい仕事ランキングまとめ!若い世代〜中年まで必見!

 

18歳の成人式はいつになる?

スポンサーリンク

 

そもそもきになるのが、成人式の日です。

現段階では、1月14日成人の日でありますが、どうやら成人の日も変更するとかしないとかになっている模様。

 

「成人の日」を変更し、式を別日程に誘導しようとの案もある。成人式は法律で規定されておらず、主に自治体の判断で実施しているが、8月に開催している1割程度の自治体を除けば、大半が1月の成人の日かその前後に開いている。
【引用元:東京新聞】

成人の日って住んでいる場所によってバラバラだったのでしょうか。

詳しい内容はわかりませんが、いずれにしても変更するという案もでているそうです。

 

20歳が成人の日というのがベースだっただけに、18歳が成人の日に変わるというのは何だか変な感じです。

 

18歳ってまだ学生達が多いのに、大人の仲間入りにされてしまうって凄いことですね。

 

まぁ、海外では18歳で成人という国は存在するらしいのですが、まだまだ違和感がある状況です。

 

具体的に何が改正される?

18歳が成人になって、何が具体的に改正するのか。

それぞれにインターネットで調べてみることにしました。

 

飲むことは20歳のまま

どうやら、飲むことは20歳になってからというのは、変わらないとのことですね。

せっかく法案を変えるのであれば、18歳からOKにしてやればいいのにと思うのですが。

 

クレジットカードの作成が出来る?

同様にクレジットカードも、未成年者であれば親権者の同意が必要ですが、成人年齢が引き下げられれば親の承諾なしでクレジットカードの申込ができます。

大手消費者金融は青田刈りのように、若い世代をターゲットにしたクレジットカードを発行していますが、この傾向が加速するでしょう。
【引用元:バスメディア】

親の許諾なしで18歳からクレジットを作ることが出来るらしいとのこと。

正直、それって親としては不安ですよね。

子供がクレジットを持つことによって、遊び半分でお金を使ってしまう可能性があるのですから。

使い方を間違いなければいいのですが、18歳だったら夢のようなカードですから、借入に溺れなければいいのだが。

 

政治や社会への意識改革?

18歳を成人にすることによって、社会人に対する感覚を早めに持つという意識改革なのか。

 

同時に、政治への意識もするようになるというメリットもあるのかもしれません。

 

確かに、今や日本の議員にはタレントなども沢山存在していますし、若者からの支持されることはあると思います。

 

60歳以上の議員ばっかりだと、若い人は政治への関心はありませんからね。

 

これからの日本を作っていく、18歳からしっかり政治へ興味を持ってもらうという姿勢も含め、法案が改善された一つなのかもしれません。

 

ルールはまだまだ変わる?

法案が改正されるまでに時間があるので、まだ具体的に何が大きく変わるのかは国民誰しもがわかっていません。

 

おそらく、法案が改正されてから新しいルールが取り入れられたり、改正される前に各種ルールが定められることがあるのであろうと私は思っています。

 

18歳を成人にすることが正しいのか、私ぐらいの30代になると細かいことはわかりませんが、自分が18歳だったら嬉しくないかも。

 

もっとワーワーハシャイデ、政治の事なんて全く考えずに遊んでいたいかもしれません。

 

それなのに18歳から『君も立派な成人なんだから、しっかり社会と向き合いなさい!』なんて事を言われてしまうことを考えると、少し悲しいものがあります。

 

とはいえ、決まった以上は、真摯に受け入れなければならないということになるのでしょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP