35歳で転職すれば年収アップに成功できる5つのこと

仕事コラム, 就職活動

35歳転職年収アップ

転職ギリギリの年齢は何歳なのか?よくこのような質問を問われることがありますが、具体的な年齢というのはないと思います。もっといえば、20代でも転職に苦戦している人はいるからだ。

逆に35歳というの年齢でも転職を成功させている人は、私の周囲でもたくさんいらっしゃいます。具体的な事例をご紹介しましょう。

ヘッドハンティングされる

35歳という年齢にもなれば、ある程度の人生を過ごしてきているため、人脈というものが自然に付いてくるということがあります。例をあげるならば、お得意先からのヘッドハンティング、セミナーで出会った人からの紹介、新規グループ会社の立ち上げなど。

他にも友人が会社を立ち上げたというヘッドハンティングなどもあります。今の条件よりもよく働けるという環境もありながら、年収アップも1.5倍近くに増えたということもあるでしょう。

異業種転職でも人脈があれば、年収アップさせることは不可能でないということです。

スキルをフル活用できる

営業職を経験されてきたならば、それなりの交渉術も持っているでしょう。技術系ならば言語なども詳しいだろうからクライアントにも説明ができ、ディレクションという立場の経験もあるでしょう。

そういった方の場合なら、即戦力を求める企業は多くあります。いままでのスキルをフルに活かして新たな転職先で働く事ができます。

但し、注意も必要です。転職するのであれば年収がアップしなければ意味がないということです。

やりたい仕事があるから、転職するという場合は、年収が下がるという傾向があります。というか、実際に50万稼いでいたのに→25万になったという人も。給与が半分近く下がることも理解した上で、選ばれた職種の場合ならよいですが、今のスキルを持っているのに年収が下がるのならば、転職は控えておきましょう。

役職に付いた転職がしやすい

35歳ということになれば、ある程度の社会経験があると思います。ベンチャーのような中小企業では、20代の若い人よりも、プロジェクトの指揮を取れる人材を採用したいというのが本音です。

だから、転職した入社した当初から役職に付いた仕事をしやすくなるということ。

その分、任せられる裁量というのは大きいことも事実ですが、年収も大幅にアップ出来たということは成功としたと言えるでしょう。手取り25万→40万に上がればモチベーションが変わり、仕事の頑張り方などにも変貌が見えてきます。

従って、自分に自信がある職業や周囲にチャンスを与えてくれる人がいれば、飛び込んでみるという姿勢も持っておいた方がよいでしょう。

>>その場ですぐわかる転職力診断<<

就活ナビリンク | 運営者プロフィール

PAGETOP