仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

アルバイトから就職を目指す時に知っておきたい4つのこと

就職活動

スポンサードリンク

就職活動
実務経験がなく、フリーターとして長年働いてきた人が正社員・契約社員として就職する時はやはり難易度が上がることでしょう。ましてや、専門職のような仕事ならば狭き門の分野だってたくさんあります。

アルバイトから正社員を目指す為に知っておきたい4つのことご紹介しましょう。

1.今迄の自分を振り返る

自分という人がどんな人生を歩んできたのか、改めて振り返りましょう。紙などにメモ書きでどんな事をしてきたのか具体的に書いていくと、自分の人生観がよりわかってくる。また、経験を面接などでアピールする事ができることもあるだろう。自分の長所・短所なども細分化して理解しやすくなります。

せっかくだったら、小学生ぐらいの時代から振り返ってみるのも楽しいかもしれません。

2.就きたい職業はなんなのか

就きたい仕事が決まっている方には、関係ありませんが、実際にどのような仕事に就けばいいのかわからない人もたくさんいます。そのような人は、インターネットなどで転職サイトなどに登録して、とりあえずどんな職業があるのかを知るようにする。アルバイトから、実務経験がなくても、わりと就職しやすい業種もあります。

このようなことは、自分で調べる限りわからない事がありますので、最低限就職活動するための準備を整えておきましょう。

3.職務経歴書を用意しておく

就職経験がなくても、今までのアルバイト経験を職務経歴書というものにまとめる。簡単に言えば、自分が培ってきた職業はどんなものなのか面接官にわかって頂く為の資料です。これが、あれば、この人は何の仕事をしてきたのか直ぐにわかりやすくなるということです。

職務経歴書の書き方については、除かせていただきますが、インターネットで調べれば沢山情報があります。あなたにとって、参考になるサイトをブックマークしておくと良いでしょう。

4.就職サイトなどに登録しておく

履歴書・職務経歴書を書き終えたら、就職サイトに自分のアカウントを取得して登録しましょう。従来の日本社会のようにハローワークに行かなくても、インターネットを利用して十分仕事を探す事が出来る時代になっています。むしろ、こっちの方が就職しやすい確率も格段にあがるでしょう。

スポンサーリンク

ハローワークだと、どうしても紹介している求人が他の方と被るので、倍率がすごい確率になってしまう。東京などの一般事務業で最大2000人弱の応募があったということも耳にした事があります。どうしても、その会社に行きたいというならば、応募することは自由だが必ずしも会社に入れるというわけではない。

窓口を広く取っておくためにも、転職サイトを複数登録しておくことで、目指している職業でも会社が異なります。

5.アルバイト就職のまとめ

アルバイトからの就職だから未経験扱いになるのかと言われると、そんなことはありません。それなりにある程度の準備と努力がなければ、就きたい職業や目指したい専門職などに就く事は厳しい状態になります。就職活動時間は、自分という存在を改めて教えてくれる良い時間です。

とはいえ、時間は限られていますので、有効活用して良い職業を目指すことをおすすめします。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP