仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

採用したくせに『入社後仕事を教えてくれない』ブラック会社の実態”

アルバイト, 体験談, 退職コラム

スポンサードリンク

ブラック企業退職

『やりましたー!3ヶ月の転職活動を経て、ようやくWEBデザイナーの仕事に就けるようになりました!』っと満面の笑みをこぼしていた私。

当時、23歳でいわゆる第二新卒と呼ばれる年頃でした。入社するまではワクワクドキドキの気持ちでしたが、、、その後はもう辛い人生が待っていたという体験談を書かせていただきます。

人気コラム:仕事出来る人が辞める?会社に原因がある8のこと

アルバイト契約からスタート


当時は、WEBデザイナーと呼ばれる職業は人気がある分野で、目指したい人が多く倍率も高い仕事の一つでした。

私はWEBデザイナーになるための、学校スクールに通い、半年間勉強し、10社以上ほどの面接を繰り返しながら、ようやく採用をいただきアルバイト入社することが出来たのです。

面接は楽しいかった

『まだまだ若いから問題無用です!』

『それぐらいのスキルあれば十分だね』っと面接官(営業部長、後の上司)のような人が言ってくれて、終始楽しい面接時間だったことを記憶しております。

クリエイター関係の仕事なので、作品もお見せしたところ、十分だという判断でした。

私はまだまだ不安だった

スポンサーリンク

とはいえ、私は学校で勉強した程度の知識がないため、まだまだ不安というのが本音でした。

面接の質問時で『入社後は、仕事をしながら部署の上司に仕事を教えて頂くことはかのうですか?』問いかけました。

面接官は「もちろんです、どんどん聞いて新しいスキルを学びながら仕事を頑張ってください」というものでした。

入社してからの体験談は辛いよ

そして、1~2週間後の入社日に元気よく挨拶を兼ねて会社へ行きました。

まぁ、まだここでは「頑張ってね」っと言ってくれる人もいたわけですが、、
ここからは時系列で記事を書いていきます。

■1日目

部署の上司と挨拶。あ、なんだかとっても優しい人で仕事がしやすそうだな~っと思っていました。初日の為、特に仕事することはなく、定時で終わらせ帰ることに。

■2日目

『内の会社は○○の案件を持っているから見ておいて』というような感じで、ホームページを見たり、デザインファイルをひたすらみていました。特に何も言われなかったので、ずっと見ていました。

■3日目

まぁ、まだ何も言われないし、いろんなホームページでも見ておこうかっと思っていました。
すると、上司が「何しようかな~?」っと僕に問いかけてきました。お、仕事到来っと思ったのですが、結局何もさせられることなく、「この本読んでおいて」というものでした。

■4~8日目

ずーっと、変わらずにひたすらデスクに座って、ネット見ているようなことばかりでした。当時は、23歳という年齢で若くあったため、私自身も初の仕事ということもあり、何をすればいいのかわからなかったことはありますが、「え?何もさせないけど、これって何なの?」という疑問が出てきました。

■9日目

営業部長に急遽呼び出されて『○○の場所へ行って印鑑取ってきて!』というものでした。普通はアルバイトにこのような仕事をさせないし、全く関係ない仕事でビックリしました。

『え?あ?はい!』という気持ちで印鑑を取にいきました。なぜこんな仕事やってんだろう?という気持ちを持ちながら。

■10~13日目

印鑑を取りに行ったことによって、僕だけが毎日『○○くん、何々あるから買ってきてくれる?』みたいな扱いの職業になってしまったわけです。

同時期に入社した他の人もいるのに、明らかに仕事の出来ない僕にだけそのような雑務を振ってくるわkです。

WEBデザイナーという職業を目指して入社したのに、関連する仕事は未だに一切ともやっていません。というか、させていただいておりません。

■14日目

さすがの僕も多少はブラック性がある会社だと見抜いてきたので、「おそらく、成長できないので本日付で退職させていただきます」という旨をつげました。

そしたら『お、ありがとう!今日までご苦労様!』という二言返事で終わりました。

もうビックリですよね?

今考えれば面接からブラックだった


当時はWEBデザイナーになりたい一心だったし、若いこともあってわからないこともありましたが、今考えてみれば、ただのブラック企業だったな~っと思います。

営業部長と呼ばれる面接も適当だったし、笑って愛想だけ振っているような気がしました。
そして、入社だけさせてパシリに使おうという魂胆だったこともあるでしょう。

もちろん、私自身にスキルがあれば、なめられずに済んだ部分はありますが、『未経験OK!成長しながらスキルアップ』ってフロムエーに書いていたわけなんです。

それが蓋を空けて入社してみたらとんでもない目にという感じです。

1か月後の転職先はホワイト企業

その後、ブラック企業を辞めて、ホワイト企業である会社でWEBデザイナーとして働くことができました。

そこでは、OJT研修のようなものあり、試用期間3ヶ月を経て正社員登用という制度がある条件でめでたく採用をいただきました。

IT全てがぶラックではない

IT業界はブラック企業が多いとされる仕事の一つです。

とはいえ、同じ職業でも会社によって、本当に異なりがあるということが14回以上転職を繰り返している私の経験談です。

社長、役員たちがどのような方針で会社を動かしているかによって、企業のレベルというのは大きく変わってくるでしょう。

平社員に貢献しない会社でありながら、売り上げが良い会社はセコイやり方ながら上手いこと儲けています。

そういう会社は頑張っても得はしないようなことも経験としてあります。(個人差ありますが)

ブラック企業のように、放置されるよりはましですけどね。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP