仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

仕事出来る人が辞める?会社に原因がある8のこと

体験談

スポンサードリンク

優しくて仕事の出来る上司。仲の良い同僚で優しいタイプ、尚且つ仕事の出来る優秀な人材。会社に勤めていれば一度は出会うことがあるでしょう。

しかし、そのような『仕事が出来る人』に限って、会社をすぐに去っていくような光景を見たことはありませんか?

辞めていく大きな原因は、会社に問題があったのでは?もしくはあるのではないでしょうか。一例として8つの理由を述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.頑張ってても評価が上がらない


『仕事が出来る人』が。仕事に対して成果、成績を出しているのにも関わらず、役員、部署リーダーたちは全く評価しません。

むしろ、『それぐらいは出来て当然だ』と言わんばかりの態度を取ってくるような人たちも存在します。

当初の求人票には、『頑張り次第で昇給アップ!』などの記載をしているのに、そのような一度もないというものです。

そういったことに、すぐ気づいた賢いタイプ人は、会社を辞めていく原因の一つです。

2.社員の言うことは聞かない

上司、役人から『これから会社をたくさん変えていってほしい。だから沢山の提案を出してくれ!』ということを言われたらしいです。

『仕事が出来る人』は、その言葉に火が付き、一生懸命提案を繰り返したそうです。

ベンチャー企業だから、福利厚生面にも様々提案していたそうです。他社員も『それすごくいいね!是非通してほしい』という声が上がっていたのにも関わらず、役員たちは『あー了解。また検討しておくね。』だけの返事。

そして、どれだけ提案しても何一つ採用されていないという過去があった人がいます。

上記は一例ですが、社員に意見を求めるくせに、何一つ言うことを聞かないような企業は、役員クラスにも問題があることも予測されるでしょう。

3.過渡なハードワークをさせる


『仕事が出来る人』をうまく利用して過渡なハードワークで仕事をさせることがあります。

会社としては、有能な人に頑張って欲しいと言う気持ちがあります。そりゃ、出来る人が頑張ってくれる方が嬉しいことはわかっています。

しかし、残業を超過させすぎたり、キャパ以上の働き方をさせると、さすがにいくら有能な人材でも嫌気をさせてくるものです。

キャパ以上にオーバーワークさせたところで、大した残業代、給料も上がらないということも理由に挙げれることでしょう。

有能な社員をもう少し上手く使うのが、会社の仕事だと思います。

4.約束を守ることがない

『◯◯内容で◯◯の期間でスタートしよう』
『◯◯の時期には給料をアップさせるから』

というような、仕事、給料、その他会社行事などにおける約束事において、一度約束を守らないと言うことです。

これは仕事が出来るタイプの人に限らず、誰でも腹が立って辞めてしまう、ありがちな原因の一つです。

会社側として、言ったことを採用しないシステムは裏切られたもの同様ですよね。いくら待っても、採用されなければそりゃ辞めてしまうことでしょう。

5.実力を発揮できない(宝の持ち腐れ)

前職では、数年以上のキャリアを積んで、実績を持って転職したのにも関わらず、転職先の会社では、全く実力を発揮できずに終わっていくことがあります。

面接では、『うちの会社では何でも任せていくから』って言われていたのに、いざ入社してみると、全く関係の無い仕事をさせられたりすることがあります。

そして、仕事が出来る人の自己発揮をさせずに退職になってしまうということです。

これは、完全に会社側に原因があります。前職の経験を活かすようなことをさせない仕事ばかり降っているわけですからね。

6.スキル、キャリアアップを図れない

5の項目と似る部分はありますが、結局はスキルアップが図れないことも、仕事ができる人が辞めていく原因です。

前職での経験を活かしながら、新しい職場で新しい技術、仕事内容に触れて、新たに勉強しながら勤務していこうとなっているのに、全くそのような仕事がないということです。

転職を例とした場合であれば、間違いなく転職を失敗してしまったということになりますね。

給料も当然部分ですが、仕事内容においてキャリアアップ出来なければ、楽しくもないということもあり、有能な人材はそういった会社を辞めていくことが多いでしょう。

人気コラム:本気で即日退職したいと思った5つのこと

7.仕事が出来ない人材が評価される


自分以上に頑張っていない社員が、なぜか昇格されると言う謎のシステム。もちろん、上司、役員たちに気に入られるというスキルのはもっているのでしょうけど、仕事においては、全く出来ない人が昇給されるということがあります。

仕事が出来る人からすれば、『なんで私の方が◯◯より頑張っているのに、全く評価されないのであろう?』というクエスチョンマークばかりでますよね。

やはり行き着く答えは、『ここで働いているとやばいかも』という認識の上で辞めていくと言うことですね。

さすがは仕事が出来る人はスピーディーな対応ができる人です。

8.有能な社員は先読みしている

仕事が出来る有能な人材は、先読みして仕事をしています。

1年後には◯◯クラスになる
2年後には◯◯を突破する
3年後には◯◯マネージャーになる

という感じに、自分なりにビジョンや目標を計画しています。

辞めていく原因としては、いくらココの会社頑張って働いても、目標達成が出来ないということを既に見抜いていることもあるのです。

だったら『この会社で働いている意味はない。辞めてしまおう』っと入社して2ヶ月で、スッパリ辞めるという決断できるです。

それぐらい自分に将来性を持って、行動へ移せていくタイプの人がいるということです。

まとめ

有能な社員の働き方、働かせ方を会社側が間違ってはいけません。

どれだけ仕事が出来るからって過重労働させたりするのはありえないことです。

逆に、前職までのキャリアを活かすことなく、終わらせていくような会社は、仕事をできる人を採用したことが失敗ですね。

ある意味、会社側のレベルが低いと言う認識ができます。

同じような人しか残らない

良くも悪くも、少々変わった会社というのは、社長たちと似たり寄ったりの人材が残っていくことが多い傾向にあります。

そのような空間にいたくなければ、どこかで退職するってのもありかもしれません。

スポンサードリンク

毎月8000人が登録する転職サイト
MIIDAS

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP