仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

転職先の条件をマッチさせるのが難しい4つの理由

体験談, 就職活動

スポンサードリンク

退職してから就活

「なぜ転職しようと思いましたか?」と聞かれると、難しい問題ではなく、すごく単純な理由だったりしますよね。

だからこそ、私は100%条件がマッチする会社を選べないと思っているのです。その理由について述べていきますね?

給料査定が合わない

生きている限り一度は少々の小金持ちになってみたいとものです。

給料が少ないより多いの方が誰だってよいでしょう。しかし、現実的には時間と仕事量から考えても給料が少ない場面があります。

転職したとしても、「前職から1万円しか上がらなかった」というケースも。

どれだけ良い仕事ができても、給料が理想になっていなければ条件をマッチさせたとは言い難い部分もなきにもあらずです。

人間関係の悩みは必ずある

自分にとって気の合う人や、心許せるような人材ばかりが集まる会社があればいいのですが、まず100%そんな会社はないのです。

例え、自分自身が経営者だとして、5人採用してきたとしても、自分と全てマッチする人というのはいないのです。

「スキルは優れているけど人間的にはダメ」「仕事はできないけど常識がある人」

どっちが会社やあなたにとって正解なのかと言われると、50%の確率ですよね。

仕事が出来る人がいないと会社の売り上げをアップさせることはできません。

従って人間関係に対する悩みは必ずしも付きまわるもの。

仕事内容が少々異なる

頭で描く仕事内容を想像していたとしても、現実的に働いていると、仕事内容が大幅に異なったりすることもしばしば。

理想通りを描けば描くほど条件とマッチしないと感じることもあります。

そんな時は「これぐらいやればいいんだな」って開きなることも大事です。

真面目な人ほど考え込みすぎてうつ病になる場合だってあるのです。

100%じゃなくても70%以上理想通りの仕事が出来ていれば十分だと考えるようにした方が良いのでしょう。

100%希望するような仕事がない

そもそも100%希望するような職業がないということです。

自分が思うような職業があまりない場合は業界水準が低いような仕事を描いている可能性もあります。

本当にやりたければ、独立して仕事をするしかないのです。

それ以外に成功法というのはありません。

スポンサーリンク

マッチさせるのは難しい

大手企業に入れたとしても、1か月・3か月で辞める人はザラにいます。せっかく入れたのに勿体ないと言われても、その人にとっては、何らかの原因があったのです。

そういう意味では仕事って何ですか?ってなるのが私の気持ちです。

仕事選びも大切なことですが、健康的に生きていくことが何よりも大事なことではないだろうか。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP