仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

日曜日の夕方・夜(晩)に会社へ行くのが嫌になる10の理由と対処法

ライフハック系, 仕事コラム, 仕事の悩み, 体験談

スポンサードリンク

退職ジャパン

日曜日の夕方ぐらいからサザエさんが始まると憂鬱な気分になったことはありませんか?

『あ~明日から仕事が始まってしまう』って思うと、なんだか仕事から逃げ出したくなったり、辞めたい気持ちになってしまうのです。

なぜ、仕事が行きたくない衝動に駆られる理由について綴っていきたいと思います。

関連記事:日曜日休日出勤しているのに手当が出ない会社はブラック?

スポンサーリンク

1.会社そのものが嫌になっている

日曜日の晩に会社が行くことさえに嫌になっている場合は、会社そのものが嫌になってしまっていることがあります。

理由は個人差があって、ハッキリわからないのですが、何となく会社に行くという行為が出来ないぐらい精神的に追い詰められているところがあるわけです。

対処法は?

精神のから体調が悪くなってしまっている場合は、会社を休む、病院に通うなりして、少しリラックスした方が体調にとっては良いことでしょう。

それでも行くことが出来なくってしまうのであれば、辞めることも検討された方がよいでしょう。

2.怒られることを恐れている


月曜日の朝から上司に怒鳴られたり、パシリ扱いされることがほぼ日常茶飯事となったいるため、上司たちに会いたくない病が出ていることでしょう。

こちらは『会社へ行けば怒られる』という拒否反応が出ているため、日曜日の夜になるとこのような気持ちになってしまうのです。

対処法は?

怒られている内が花だと思い込んで、一層の事怒られることを楽しむということも良いでしょう。辛くなったら、いつでも言い返すぐらいの精神を持って仕事を取り組んでみるもの一つ手ではないでしょうか。

3.仕事に対してプレッシャーを感じている


責任ある仕事を任されているため、精神的にも追いやられていることがあります。

仕事に対する気持ちがありすぎるため、逆に大きくプレッシャーを感じてしまい、会社へ行きたくない衝動になることがあります。

仕事に対するプレッシャーは、人によっては一週間前でも寝つきが悪くなってしまう人もいるのです。

対処法は?

考えすぎないことが大切だと思います。楽観的になって、いけばいいのです。堂々と失敗を恐れずにやれば、なんとか乗り切れることでしょう。

プレッシャーというのは失敗してはいけないという気持ちが強すぎることがあります。仮に失敗してクビになってもいいやぐらいの気持ちを持ってすれば、日曜日の夕方に何も考えずに済むでしょう。

4.人間関係に馴染めていない


会社の異性や同僚、部下たちに一向になじめていない人が、日曜日の夜に『なぜ?自分だけ上手く話せないのか?』という自問自答をして、考えこんでしまうため、出来ることならば仕事に行きたくないという気持ちになってしまいがちです。

対処法は?

仕事をしていく上で、人間関係という分野は一生の付き物です。馴染めないなりに、いつもより、一言でも二言でも多く質問してみることから始めましょう。

じゃぁ相手の人も「○○さんからよく質問してくれるようになった」という気持ちになってくるので。些細なことで、人間関係は変わってくるものなので挑戦してみましょう。

5.朝礼、プレゼンの番で憂鬱になっている


『明日は11時からプレゼンだ!』『朝の朝礼って何を話せばいいんだよ、休みたい!』って気持ちになったことはありませんか?

会社によっては、毎朝順番に朝礼を行っているところもあります。毎度のように順番が回ってくるため、その耽美に話す内容を考えなければいけません。

話下手で上がり症だから緊張してしまうため、会社へ行きたくないという気持ちになっていくのでしょう。

対処法は?

朝礼、プレゼンがあると決まっているのであれば、2~3日前に練習しておくことです。家で声を出して、実際に一人でプレゼンしてみたり、朝礼の練習をするのです。

最初は台本原稿見ながらでもOKです。10回ぐらい同じことを繰り返せば、自然と慣れてきます。そしたら、人前に立つことも、朝礼が怖くなってしまうということなのです。

人間何でも慣れれば対応できるってことが言いたいです。

関連記事:辛い時こそ芸能人の名言で元気になれる特集まとめ!【必見】

6.仕事をしなきゃいけいないという辛さ

「月曜日から働かなければ」っと思い込み過ぎる人が日曜日の夕方から夜にかけて、会社へ行くことが嫌になる人が多くあることでしょう。

『働く』というキーワードが心のどこかで辛い思いをさせているのです。

対処法は?

『遊びにいく』という気持ちまでには慣れないことは確かです。しかし、それぐらい毎日の日課制のものだと考えれば気持ちがラクになりませんか?

働くことは当たり前ぐらいに感じれば何も辛さを感じることが軽減できることでしょう。

7.週末が楽しいだけに落差が激しくなる

週末で友達とワイワイ出かけたり、旅行へ行ったりで楽しい時間を過ごした後、明日から仕事だと思うと落差がありすぎて、仕事へ行きたくない症状が出る人もいます。

遊びの楽しいと仕事のしんどいでは大小が大きい過ぎますよね。

対処法は?

気持ち的に切り替えるしかないです。『仕事は仕事、遊びは遊び』メリハリあってこその人生だと思います。

仕事しているからこそ、遊ぶためのお金があるということさえ心に留めておけば、仕事も少しは楽しめる要因になるかもしれません。

8.朝起きなければならない気持ちがある


休みの日であれば昼まで寝ておけるのに、毎朝7時起きって辛いですよね?冬場になると、布団から出たくないし。

早起きが苦手な人も日曜日から仕事に行きたくない人が多いのです。

対処法は?

週末だからと言って、夜更かしするような遊びを控えて、規則正しい生活をすることを心がけてみることです。

朝から晩まで遊んで、夜にはぐっすり睡眠をとるという習慣を崩さないことができれば、早起きも辛くなくなってくるでしょう。

9.週5日働く怖さがある

日本の制度として、週5日働くことがベースです。週5日勤務で残業があると確かに体的にも疲れが出てくるため、働きたくないし、仕事に行きたくないという衝動がでてしまうでしょう。

対処法は?

本当に週5日勤務が嫌であれば、週休3日の4日勤務制を取り入れている会社に転職することも一つの手です。

基本給等は下がる可能性はありますが、日数を減らすことで仕事を続けることが出来るなら、そのような働き方でも良いことではないでしょうか。

10.気持ちそのものが病んでいる

気持ちそのものが病んでいる人は、対処法というよりも、今すぐ会社を辞めることを考えるべきことでしょう。

精神が情緒不安定だと、急に泣いたり、おかしい気持ちになってしまうことがあるので、とりあえずは仕事を辞めて、心身ともに安らかにさせる必要があります。

曜日関係なく、仕事に対しての意欲が低下してしまっている可能性があるので、仕事を辞めれるタイミングでアルバイトなどに変えましょう。

まとめ

日曜日の夜に仕事が行きたくないには、様々な事情と抱えている悩みが大きくあります。

とはいえ、月曜日の朝を迎えると会社へ行かなければならないことでしょう。現在勤められている会社に問題があるのであれば、辞めるという事も考えるのが一つのプランです。

体に異変があってからでは遅いので、処置、対処ができる内に行動するようにしましょう。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP