仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

32歳で転職を成功させる対策と年収アップ攻略法!

体験談, 転職対策

スポンサードリンク

大阪で家を購入したばかりなのに、『3ヶ月後に徳島県へ行ってほしい』と言われても、さすがに会社だけの都合では簡単に動けないですよね?

30代前半になってくると、結婚、転勤などを機に転職活動される人も少なくないでしょう。

そこで今回は僕自身が30代で転職した時の対策について成功した体験談を語ってみようと思います。

人気コラム:3ヶ月で会社を辞めてしまう人は継続するチカラがないのか?

人気コラム:入社前の条件と違う会社に入って2週間で辞めたお話

1.いきなり現職を辞めないこと

転職活動するとは言っても、それなりに時間がかかってくるため、『3ヶ月以内に会社を辞める』という判断をしないことです。

辞めてしまえば、お金もなくなり、家賃も払えません。ましてや、家族がいる場合であれば、ご飯を食べさせていくことさえできなくなり、離婚の原因にもなっていきます。

いきなり会社を辞めるというのは大変なリスクを背負ってしまいます。

スポンサーリンク

どうすればよいか?

30代前半で転職を成功させたければ、事前リサーチが必要となってくるでしょう。

転職するということは、何らかの原因があるということになります。

何がしたいのか明確に考える

職業、お金、福利厚生、様々な面が考えられると思います。給料が安いから高い会社に行きたいのか、それとも、仕事にやりがいを感じるために転職するのかということです。

30代前半に多い理由は?

自分も含めて、僕の周りで30代で転職する人の理由としては、ボーナスが出ないことが割合として多くありました。

あとは、有給休暇が取りづらいという悩みで会社を辞めたいという人も結構いました。

辞める原因は余談ですが、いずれにしても、事前リサーチと具体的になぜ転職するのかを明確に答えを出しておくと後々が楽になってきます。

2.転職系サイトで色々みる


一昔前であれば、ハローワークに行って仕事を探すというのが一般的でしたが、
このご時世、インターネットの転職サイトを活用して探す若者の方が圧倒的と言えるでしょう。

30代であれば、いくらでもチャレンジできる仕事があるので、主要なリクナビネクスト、D0DA、マイナビ等の転職サイトで仕事を色々見てみることです。

福利厚生には必ず目を通す

職業も大事ですが、30代であれば、福利厚生面にも必ずチェックをしておきましょう。社会保険が完備されておらず転職に失敗された人たちなどを僕はたくさん見て来ました。

年収がアップするのか?

現職よりも1〜5万でも給料がアップするのか?年収として少しでもアップするのか?も考えて置いたほうがいいですね。

給料は下がっても休みが増える

もしくは反対に、給料は現職よりも下がるけど、休みが増えるということであれば、転職の成功とも言えるでしょう。こればかりは、何を基準にするのか個人差があるため、正確なことは言えませんが、自分にとって成功であれば成功です。

3.実際に数社ほど受けてみよう

転職サイトより、気になる会社が見つかれば、エントリーシートから応募してみましょう。

そして、うまくいけば1次面接のお知らせが会社より来ることになります。

メールでのやりとりで、面接日時が決まれば転職活動はスタート時点に立ったといえるようになります。

落ちても気にしないこと

エントリーシートから応募した会社へ面接さえ行けないこともありますが、気にする必要はありません。

第一志望で行きたかったとしても、不採用は不採用ですから、気にするだけの時間が無駄になってきます。

30代前半であれば、どんどん面接にもチャレンジしていく精神が大切です。

4.面接の対策は行っておこう


面接の対策は必ず行って置いた方がいいですよ。下記のようなサイトを見つけたので、参考にすると成功により近づくことになるでしょう。

面接対策まとめ-質疑応答対策!

いろんな記事がありましたが、こういった転職対策には、お役に立てるサイトの一つですね。

自分なりにメモを取って考えながら、面接の練習をしておくとより方向性が広がっていくのではないでしょうか?

5.エージェントを利用してみるもの手段

僕の場合は、転職に対してこだわりが多くありました。

先ほども述べたように、『給料が高い、有給が取りやすい』をベースに、仕事を探していたので、転職エージェントというものを利用してやることにしました。

例えば、リクルートエージェント、マイナビエージェント、と呼ばれるような転職サポートする会社があるのです。

何をサポートしてくれる?

具体的な転職サポート内容としては、履歴書の書き方、面接対策などをはじめに、目指したい会社の要望をヒアリングしてくれてる専任スタッフがいます。

休みが多く欲しいのであれば、要望を言えば、見合った会社をご紹介してくれるというシステムになっているわけです。

転職を失敗させたないということであれば、エージェントを活用した方が自分のためになることは間違いないでしょう。

私はおかげさまで履歴書、面接スキルは向上したことで、優良企業より採用をいただくことになりましたので。

いろんなことを聞ける

転職エージェントは色んなことを聞けるのもよいでしょう。異業種を目指す場合だと、業界はどのようになっているのか、給料は上がりやすいのか?

気になることを質問すると答えてくれることが大半です。

選任スタッフからのアドバイスを大切にしておくと今後のためになることがありますよ。

6.最終的な自分の努力次第

30代前半であれば、行動すればいくらでも転職を成功させることはできると思います。

一番大きな部分は、行動するかしないかということになってくるのです。

不採用続きで、落ち込んだり、悩んだりすることもありますが、途中で諦めないことが大切です。

必ず採用してくれる会社というのものはありますので、成功するために3ヶ月ぐらいは転職活動に時間を費やしてみましょう。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP