仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

3ヶ月で会社を辞めてしまう人は継続するチカラがないのか?

仕事コラム, 体験談, 退職コラム

スポンサードリンク

3ヶ月退職は辛い

入社1ヶ月〜3ヶ月がおそらく、試用期間として雇われるケースが多くあるはず。試用期間というわりには、大手企業では、研修制度なども設けられているが、中小企業では初日から研修もなく仕事をさせられることもしばしば。

面接時に聞いていた話とは違うということもあります。3ヶ月が経過した頃には、辞めたいという考えが出てしまうのは自分自身が。

辞める癖がついてしまっている

これは、私自身の体験というか経験の中から話す事ができます。入社してから『あ、この会社肌に合わない』『人間関係に不安を感じる』と思った時に、すぐ辞めたいという脳が真っ先に働きます。

そうなると、もう辞めることしか考えなくなり、やる気などのモチベーションも下がる一方です。たかだが、3ヶ月で辞めてしまうなんて勿体ないという声もありますが、それ以上に辛いという意識が優先される訳です。

築けば数社以上は、3ヶ月未満で退職した経歴を持っている。

継続するチカラが不足している?

3ヶ月で辞めてしまう人は、継続するチカラが不足しているのかと聞かれると『NO』と答えます。もちろん、意思の弱さを感じる事はあることです。しかし、辞めてしまうという考えは、自分ばかりが悪いわけではないということ。

即戦力として真剣に働きたいと思っているのに、入社させてから放置する会社だってあるんです。

仕事を教えられることもなく、いきなり難しい作業をさせたり、時には放置状態でほぼ相手にされない時間だってあるのです。

こんな状況でも継続する事が正論と言われると違うと私はハッキリ言えるのです。社員を責めるわけにもいかないので、やはり悪いのは制度が整っていない会社側にも問題があるということです。

真面目な人ほど考える

記事を書いていて思った事は、3ヶ月で退職する事は決して恥ずかしい問題ではないと思います。

だって、真面目な人間ほど真剣に仕事内容や自分のスキルアップを目指すための努力をしていることが多いのです。真面目に取り組み過ぎて『うつ病』という言葉が生まれてきているのは事実です。

会社のために仕事をしようと思っているのに、仕事とは関係ない分野でストレスを抱え込まされている人は少なからずいることでしょう。

辞めることを恥じない

自分にとってメリットのない会社を継続する事も正しいことでしょう。実務経験がなければ、嫌でも年数を重ねなければいけません。

しかし、それ以上に辛いことがあるならば辞めることで解決できることもあります。だからこそ、3ヶ月だろうが1ヶ月で辞めようが恥じないという心が大切です。

スポンサーリンク

早期退職は、職歴に傷が付くなんてことをよく言われる事があります。たしかに長年勤務している人間と比較すれば損するリスクは高いと言えるでしょう。

だけども、一番大切なのは自分自身の命と次なる道です。

一生働けるわけじゃない

本気でやりたい仕事ができるのは、かならずタイムリミットがあります。60歳になってからでは遅いでしょう。少なくても30代40代後半から50歳ぐらまでが、一番輝かしい年齢だということです

その年齢になった時に、あなたは何になっていたいのかということを考えれば、今辞めることなんて怖くなんてないものです。

目先の人生を考える事が大事ではありますが、それよりも本質を求めて仕事していくことがより重要な価値を作り出す事ができます。

自分が生きている時間と逆算して、新たな人生へと行動しけば失敗なんて全く恐れない事でしょう。

少し話が逸れましたが、3ヶ月で退職したからといって継続するチカラがないということではありませんので、自分を信じてください。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP