仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

安室 奈美恵の引退後は何の仕事?余生は海外暮らし?復帰はないの?

退職コラム

スポンサードリンク

退職安室

『安室奈美恵が引退したら仕事はどうなる?』

『安室奈美恵がテレビから見れなくなるのは悲しい』

などのようにツイッターなどのネット上では、様々な憶測が飛び交っていたります。

確かに、あそこまで日本のトップアーティストとして、世の女性たちを魅了してきたシンガーはいないでしょう。

もちろん、シンガーというだけではなく、ファッション、スタイル、コスメ、様々な分野でカリスマ性を発揮してきた人となります。

そんな安室奈美恵さんの将来が気になります。

引退後は何の仕事をするのか

安室さんほどのアーティストになると、資産は有り得ないほど持っているので、おそらく何の活動をしなくても一生食べていけることでしょう。

スポンサーリンク

とはいえ、何らかの仕事をしないと、ずーっと家に引きこもってしまう生活が続いてしまようになります。

おそらく家は豪邸だと勝手に予測しておりますが、どれだけ豪邸でも家ばかりいては退屈暮らしになってしまいます。

数年は何もしない

10代からずーっと芸能界という荒波の激しい世界で、今までトップとして走り続けてきた安室さん。

さすがに、人生で一度はゆっくりした有意義な時間を過ごしたいとも考えたことでしょう。

でなければ、おそらくアーティストを引退していなかったはずです。

だからこそ、とりあえず仕事を辞めてから、数年の間は何もしない生活が続きそう。

一旦すべてリセットしたいはずですが、相当なキャリアがあるため、ある程度の時間が掛かりそうですね。

海外にでも住むのか気になる

安室さんほどの人気アーティストになると、日本のどこへ行っても普通に街を歩くことは困難です。

芸能活動を辞めたから、一度は外の空気を吸ってみたいとも感じることはないでしょうか。

そう思うと、安室さんの存在をそこまで知らない海外にでも移住するのではないかと憶測がたちます。

海外であれば、外に出かけることだって出来るでしょうし、買い物だって人目が付かないぐらいに楽しむことが出来そうです。

今まで実現出来なかったことにトライするという上では、海外も視野に入っているかもしれません。

沖縄というのも考えれる

今までは人口密度が高い首都東京というを拠点に仕事を重ねてきましたが、一旦故郷の沖縄に帰るということもなきにもしあらず。

沖縄のようなキレイな海や自然を見つつ、癒しを求めに地元へ帰ることだっていいですよね。

沖縄貢献にもなりますし、なんたって地元という場所はいいところです。

 

芸能界へ復帰はないのか?

芸能界を辞めた後、とりあえずはゆっくりとした人生を過ごしていく時間を作っていくことでしょう。

まだまだ先にはなると思いますが、例えば10~20年後などには復帰という可能性はあるのでしょうか。

安室さんという国民スターはやはり、経済を動かすほどの力を持っている存在です。

安室さんがライブするとなれば、電車の交通機関や様々なところでお金が動くということです。

それだけのスターが引退してしまうということは、日本の市場的にも様々な影響化があることは間違いない。

復帰を期待したいと思う

『安室ちゃん、10年後に帰って来て』

『50歳になっても応援しています』

『一度でいいから引退後、テレビで謳ってほしい』

などのような声も上がっているのを見かけました。

確かに、完全復帰とまではいかずとも、できれば10年後に一回でもいいから、ライブツアーなどをしてほしいですね。

山口百恵さんみたいに、絶対に出ないって言う人もいるので何ともいえませんが、出るとファンたちは必ずと言ってよいほど喜ぶ一日なるでしょう。

芸能人も退職するのである

芸能人という職業は一般職とは全く異なる分野です。

仕事がなければ、給料を貰う事ができないとてもシビアな世界です。

給料制、歩合制と選ぶ道はあるのでしょうが、やはりその世界で何十年も輝き続けることは難しいことが言えますし、いずれかは退職を決意するという人もいるのが事実ですね。

安室さんのような大物であれば、退職する必要などないと感じますが、本人しかわからない辛さや困難があるのでしょう。

人の何十倍ほどのプレッシャーの中で生活していくことは辛い道のりですからね。

仕事は辞めたい時に辞めるもの

仕事というのは、好きや楽しいだけでは続けられない時があるのです。

無理して働けば働くほど、体に負荷をかけ、最悪の場合大変な状況を招きかねないことになってしまいがち。

だからこそ、辞めたいと思った時は辞めてしまった方がいいのです。

そして、また新しい仕事を探して働けば良いのだと私は思っていますし、そういう風に今までもやってまいりました。

辛いことを無理することが一番良くないことだと思って今日も頑張っております。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

スポンサードリンク

こんな記事も読まれてます

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP