仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

会社を辞める癖が付いてしまっている人の5つの特徴と性格

退職コラム

スポンサードリンク

『明日から会社に行くのは絶対に嫌だからもうやめたい。』

『何が何でも明日から会社へ行きたいない』

会社を辞めたいと思った時は誰にでも一度はあることでしょう。

とはいえ、会社を辞めるという決断をするのはそんなに多くあることではありません。っと思いきや、世の中会社に対して辞め癖が付いてしまっている人が以外と多くいるのです。

辞め癖が付いてしまう理由はいくつかあります。

特徴と原因についてご紹介していきたいと思います。

人気記事:入社前の条件と違う会社に入って2週間で辞めたお話

人気記事:3ヶ月で会社を辞めてしまう人は継続するチカラがないのか?

1. 続けようという気がない


会社を辞める癖が付いてしまっている原因は、そもそも会社を続けようという意識がないということ。

会社が合わなければすぐに辞めればいいという考え方なのです。

続けるという意識が最初からないため、いつでも辞めるというスタンスがあります。

このような原因から辞める癖が付いてしまっていることがいえるでしょう。

2. ちょっとしたことでキレる

辞め癖の特徴としては、ちょっとしたことでキレるタイプの人が多いことが言えるでしょう。

上司に少し指摘されたぐらいでも「なんで私が怒られなきゃならないの!」という具合にちょっとしたことでも怒ってしまうのです。

キレる人の体質は、自分に自信があると勘違いしている人が多く存在しているようにも思えます。

3. 他人とうまく合わすことができない


会社を辞める癖が付いてしまっている原因は、職場関係のコミュニケーションを上手くは図れないタイプとも言えるでしょう。

一人で黙々と作業する分には問題ないのですが、他部署との連携やトークなどが苦手なことがあり、嫌いな人と接したりすると辞めようと意識が働くのです。

どの会社にいっても、嫌いな人は存在しますが、そのような存在の人に耐えきれなくなり、辞めるという手段を取ってしまうのです。

嫌いな人がいるなら辞めてしまおうという考えが先行されてしまうため、どうしても会社を続けることができない体質になってしまっていることが特徴的ともいえるのです。

4. 見極めようとするのが早い

いい意味でも悪い意味でも会社を見極めようとする基準と判断が通常の人よりも早いという事です。

『1年頑張ってみよう』ということは考えず、自分に合わなければ入社して2週間で退職するということも視野に入れるぐらい早い決断力を持っています。

辞めてしまうというのは勿体ないことかもしれませんが、決断力という意味においてはとてもい判断であることも言えます。

スポンサーリンク

なぜならば、続けたくもない会社を無理に続けようとはしないことです。

入社して2週間で辞める人っているようでいませんよね。たま~に3日ぐらいでバックレる人もいますが、それはまた意味が変わってくるでしょう。

見極める判断力に関しては優れいているかもしれません。

5. 転職すれば自分自身が変われると思っている

会社を辞める癖が付いてしまうのは、今のままの自分ではダメだという意思表示みたいなものです。

『転職して新しい会社へ行けばきっと新しい光が待っている』という期待感が強くあり、辞めるということを先行してしまうのです。

現職でつまらない、辛い会社で働くよりかは転職して新しい環境へ飛び込んだ方がメリットは多いことがあるので、辞め癖が付いている人が悪いとは言い切れません。

言い換えれば、根性があり勇気ある人ともいえることでしょう。

辞め癖が付いている人は強い人?

会社の入退を繰り返している人は、何をやっても続かない人と見受けられがちですが、以外とそういうことではありません。

人生を真面目に選んでいるからこそ、自分の見合った道を探しているというだけです。

なかなか自分に見合った場所を探すために、何回も転職活動しない人の方が多いでしょう。

その点、辞める癖が付いてしまっているタイプの人は、自分の将来のために天職を探しているということが言えるのではないでしょうか。

強い人かはわかりませんが、勇気と判断力はある人材が多いのではないかと思っております。

スポンサードリンク

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP