仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

転職するなら何がいい?おすすめや人気の職種について

就職活動

スポンサードリンク

「転職したいけど何の職種が人気かな?」

「出会いが欲しかったら何の仕事に就けばいい?」

「お金をもっと稼げる職種に転職したい!」

人それぞれ転職する理由に違いがあります。

転職するということは、今の会社になんらかの不満を持っているということが少しでもあるのでしょう。

時々、質問を受けるのですが

「転職するなら何がいいですか?」

という抽象的な質問をされることがあります。

転職しようと考えているなら、自分なりに明確な理由を持っておかないと失敗してしまうことになります。

スポンサーリンク

職種の探し方について

転職するのであれば、まず最初に

自分が何をやりたいのか?を明確にすること。

今やっている職種から離れて異業種で活躍される予定があるならば、より時間をかけて仕事を探す必要があります。

待遇の良い仕事

「今の会社よりも給料が高くて休みの日も増えて有給も取りやすい会社に入りたい。」

このように考えた場合は、今よりも待遇重視で仕事を探すということが重点となるはず。

お金をとるのか、休みの多さを取るのか人それぞれに違いはありますけど、待遇面で優先で仕事を探す人たち。

自分のやりたい仕事

「今まで営業マンとして仕事していたが、IT関係の仕事が本当はやりかったか」

今よりも待遇や給料が下がってもいいから、自分の夢だった職業へ転職する人もいます。

ミュージシャンのスガシカオも27歳ぐらいで、おそらく営業職からミュージシャンに転職されましたから。

所謂、脱サラリーマンってやつですね。

ストレスを抱えない仕事

「前職は毎日がストレスになる日々だったから、ストレスが少ない会社へ転職したい」

仕事内容に追われてストレスを抱える人、社風や対人関係が合わずにストレスを抱えてきた人。

ストレスを減らすために転職したいという考えを持っている人も結構いるのです。

ストレスを減らしてくれる会社というものを探すことは難易度が高いですが、同業種の場合は待遇面で探される人は多いでしょう。

人と関わらない仕事

「コミュニケーションが図ることが得意ではない。できればコツコツ一人で仕事したい」

人と話すことが苦手な人は、できるだけ人と会話を交わさないということを前提に仕事を探す人もいます。

自分にとって何が大切か?

あなたが仕事をする上で何が一番大切ですか?

あなたにとっての仕事とは何ですか?

仕事をするときに何を重視されますか?

自分に質問を投げかけてみてください。

きっと自分にとって何が大切なのか見えてくるはずです。

ペンとメモを持っているなら字に書き起こすなり、スマホを持っているならメモ帳に自分というものをメモ帳にとってください。

文字にしていくことで自分が一番何を目的として働くのかということが明確になってきます。

実は私はこんなことに興味をもっていたのか!

今まで気づかなかった自分に出会えること可能性もありますし、自己分析する時間を持つことでどんな職種で働きたいかが見えてきます。

おすすめの職業

自己分析しても自分のやりたい仕事が見えてこないという人におすすめしたい職業の一覧を書いてみました。

営業・コンサルタント

仕事で人脈を増やしたり、自分のスキルを活かしてためになる情報を届けたいという人は営業やコンサルタントが向いているかも。

残業などは多い職業ではありますが、他業種と比べも給料も高いとも言える業界。

会社そのものに貢献する職業ということでやりがいもバッチリ。

SE・プログロマー

スマホの普及によりプログロマーという職業がかなり重宝されている時代。

アプリのゲームから幅広いことが出来る職種。

これからの時代には持ってこいという職業の一つであり、30代未経験でも異業種から飛び込んでくる人もいます。

建築業界

建築業界はこれから先も市場が伸びていく仕事の一つでしょう。

家が古くなれば新しいものに作り変える。

市場が伸びることはなくても、業界としては無くなっていくような職種ではないのです。

製造業

物作りが好きな人には人気の高い製造業務。

給料も高く、休みもほぼカレンダー通りでメリハリをつけて働く人も少なくない業界。

寮完備されている会社も比較的多く、家族を持っても家を安く住むこともできるメリットがあったりします。

人気記事:私が接客業に向いていないと感じたとき!辞めて正解だった?

人気記事:楽しい仕事ランキングまとめ!若い世代〜中年まで必見!

もう一度考えよう

最終的に転職するのはあなたご自身です。

自分の選んだ職業が自分にやりたいことなのか?

この仕事を3年先も10年先も続けていく自信があるのか?

続けることはわからないけど、今あなたにとって目指した職業が向いているのか?

転職するにはそれなりの時間が必要になってきます。

自分が何を目的として会社で働くのかを認識しながら目指していくと良いです。

私の友人は家族のためにITセールスマンから製造業へ転職しました。

理由は給料と待遇が良かったということ。

自分に見合った道をゆっくりと探して行きましょう。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP