仕事に迷ってる方は必見!
>>その場ですぐわかる転職力診断<<

youtuber(ユーチューバー)の給料はスゴイ?年収や仕事内容をリサーチ!

ライフハック系, 仕事コラム, 就職活動, 生活・プライベート

スポンサードリンク

子供たちがなりたい職業のベスト5に選ばれていることをテレビなどで見かけたことがあります。それは、今最も注目されているyoutuber(ユーチューバー)という職業です。

具体的にyoutuber(ユーチューバー)って何をしているの?って思われる方のために、諸々調査してみましたので解説していきたいと思います。

youtuber(ユーチューバー)の仕事内容は?


youtuberの仕事内容とは、自分の体験談、実験談を元に動画形式で作成し、一般ユーザの方々に、体験談などを動画でお披露目する職業の一つです。

例えば、

Aさんというyoutuberが「海外旅行へ行ってきました。こんなことがありまして、色々な体験をしてきました」という流れを映像で作るわけです。

作った動画をyoutubeに投稿し、世界中の方々から閲覧していただき、広告収入という形でお金をいただくような仕組みとなっております。

動画撮影・編集・企画能力は必要

youtuberの皆さんは、動画を自撮りで撮ることはもちろんのこと、その他にも構成、編集能力が必要とされる職業の一つです。

ただただ動画をダラダラ流しているのを見せられても、私たちにとっては、全くつまらないものとなります。そのために、見やすく動画を編集したり、文字やテロップを入れて、わかりやすくしたりするスキルも要求されるわけです。テレビ番組のように、面白さを入れた編集などを作成することによって、見る人たちの目を奪う番組が作れていくということになります。

誰でもなれるのか?

youtubeのアカウントなどを持てば、誰でも簡単になることはできます。副業から本業へ変わられたyoutuberもいるでしょうが、それなりのビジネスプランがないと本格的になることは難しいと言えるでしょう。

趣味の一つとして始めるところからスタートした方がよいビジネスかもしれません。

給料はどれぐらい貰える?


youtuberという職業の給料は天と地ほどの違いがあるでしょう。

テレビCMなどでも見かけるyoutuberの方々であれば、年収1000万以上は軽く超えていることでしょう。

もっと言えば、年収1000万プレイヤーのyoutuberは、国内でもゴロゴロいるのが現状と言ってよいでしょう。

未経験で始められた場合、月1000円もいかないほど厳しい現実があります。ただただ、動画をアップするだけは収益化しづらいということですね。

スポンサーリンク

再生回数が増えてなんぼの世界です。そのためにはキーワード選定などの知識も必要となってくるのです。

ではどうすれば稼げる?

本格派youtuberは、5分ぐらいの動画をテレビ番組同様ぐらいの編集を行ってユーザを満足させています。

楽しい番組っていうのは、視聴率と同じで人気があるということになります。youtube動画も一緒です。楽しければその分、閲覧回数も自然と増えてくるものです。

まずは、沢山動画を作って、楽しい番組作りためのスキルを磨いていくことが求められますね。

軌道に乗れば自由なビジネス

youtuberの仕事は、裁量が自由です。言ってしまえば、完全歩合制みたいなところですね。自分で動画を作らなければお金にはならない。逆に言えば、作って努力すれば収益に繋がるという、わりと単純なビジネスモデルと言ってよいでしょう。

時間は自由自在に働ける

軌道に乗って月30万ぐらい稼げ出せてくると、自由自在に働くことが可能です。時間や場所を選ばすに働けることがyoutuberたちの魅力の一つです。

正社員という道ではないため、安定という言葉はほど遠い現実はあります。

しかし、SNS社会であれば、自己ブランディングさえ出来れば、自身のスキルを活かし、個人として大金持ちになるチャンスがあることが増えたことは間違いないでしょう。

小学生たちもyoutuberという職業を夢みる気持ちもわかります。

10年先はどうなっている?

youtuberという職業が10年後にどう変化しているのか楽しみですね。既に無くなっている可能性だってあります。

それでも、また何か新しい職業が誕生してくることは間違いないことでしょう。それが2000年以降の新時代の一つなのです。

スポンサードリンク

↓人気記事↓
転職サイト・エージェントおすすめ4社厳選まとめ!

↓毎月8000人が登録する転職サイト↓

よく読まれている記事

サイトマップ |  就活ナビリンク | 運営者情報

PAGETOP